TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.24 近畿地区ジュニアシリーズ第8戦 [ランサー6]

ここのところ仕事がパンパンでほかのことに手がつけられなかったけど、やっと参戦記にとりかかることができた。

さて、最終戦。激戦区のSJ2クラス。最終戦を残してシリーズ3位のポジション。シリーズタイトルはこれまで唯一人3勝を記録しているI選手が優位であることはまぎれもない事実で、僕が優勝/I選手ノーポイントでも僕のシリーズ優勝は無理だ。しかし、僕自身もちょっとでも気を抜いたらシリーズ3位入賞も危ない。今シーズンの目標「楽しく走る」からは外れるが、ぜったいに勝つ!の気合で望むこととした。

だがしかし、SJ2はスタート前から波乱の予兆が。シリーズ4位の位置につけていたZ選手がコスモスパークへの移動中に鹿と接触して出走前リタイヤ。天敵のいなくなった野生の鹿の増殖はとどまることをしらないのか・・・。

天気予報は昼から雨。となると1本目で勝負が決まることは間違いない。本音は2本ともドライコンディションで走りきって、気分よく勝ちたいところだけど天気だってダートラである。勝ちを狙いにいくからには余計なことを考えはいけないのだ。


1本目
いつも1本目は様子見の気持ちがあり、コーナーでのアクセル全開率を落としている。しかし、今日は1本目勝負。踏んでいくぞ!の決意を胸に完熟歩行を実施。最終クラスのSJ2の出走が近づくにつれ、路面コンディションもよくなっていく。さあ、いよいよってところで、なんと最終クラスのSJ2の前に散水を敢行!唖然・・・。いくらお楽しみのDVD撮影があるからってそのタイミングで入れるか?!とまあ、水を差されたかっこうになったが、僕の前には20台以上走るから路面もちょっとはましになっているだろうと気を取り直す。SJ2の若いゼッケンの方々は気の毒だが。
スタート。初めて決まった。気持ちよく加速して1コーナーへ。サイドは効きがいまいちだけどまあいいでしょう。その後、若干の初期アンダーは感じるもののアクセルを踏んでいっても車は逃げることなく前に進めている。ベストな走りではないけど、悪くない。ゴール。1'27.013。2位を1秒以上離してトップタイム。ふー。
次に出走のK選手には勝った。最終I選手は・・・駆動系トラブルでスローダウン。
目標の1本目トップ奪取成功!

完熟歩行。いまにも雨降りそうななか、歩く。気分はほとんど勝った感じだが。

2本目
完熟終了後、お昼を食べていたら雨が降ってきた。もうほとんどの選手はタイムダウン。今日の勝負はもう決まりだから、DVD用におもいっきり振り回すかと考えながら気楽に出走を待つ。
いよいよ前出走の最速選手のスタートが迫ってきて、交代場所でスタンバイしながら最速選手のスタートを眺める。「どんっ!」最速選手、まさにその名に恥じぬ最速リタイヤ。どうやら駆動系トラブルのようだ。僕も走る前にリタイヤ。

1本目の結果で狙い通りの優勝。再車検は車が動かないので出張してもらいクリア。
今回は勝ちに行って勝てたから、かなり嬉しい結果であった。シリーズ順位も2位をとれてよかった。

tada
スポンサーサイト

2010年近畿ダートラジュニアシリーズ第1戦_M5シビック

 今シーズンはFFのストーリアから心機一転しEK9シビックで昨年と同じくジュニア戦SJ1に参戦です。
シリーズ開幕の前に、軽量化(AC取り外し)・駆動系(LSDのOH、アデリアのタイプSクロスミッション)・足回り(アペックスN1ダンパー、車高345mm、F=7.0kg、R=4.0kg、等)と一連のチューンナップを図りました。
 まずは1本目。路面は所々湿り気があるがほぼドライで問題なし。ただし、慣れない車両のため手探り状態での走行です。この2週間前の城陽ダート練習会で少し気になっていた突発オーバーステア症状は、Rear周りのアライメント調整でどうやら改善できている様子で、高速コーナーだけは安心して攻めることが出来ました。一方、低速・低μのコーナーではアンダーステアがきつく、思う様な走りが出来ませんでした。1本目のタイムはトップから約2.6秒遅れの1分36秒977でした。でもラッキーにもその時点でクラス3番手でした。
 そして2本目。路面は散水もなく完全ドライのイケイケ状態。1本目で3速のまま走ったらVTECゾーンを外してしまった奥の中高速コーナーではきちんと2速を使い、後に続くストレート速度は明らかにアップしていてこれについてはグッドでした。低速コーナーでは路面がだいぶ乾いて来ていたので1本目よりも少しだけ高めの速度で進入してみたら、予想を裏切るド・アンダー大会。さらに2周目の低速S字コーナーでは、あまりにもアンダーステアがひど過ぎて一瞬ステアリングがどっち向いてるのか自分でも分からなくなってアタフタ。結局タイムは1分34秒011でトップから1.25秒遅れでした。取ってはいけない4位に後退してしまいました。
 後で結果表を見ていると、NJ1クラスに出場されているEK9の方はなんと1分31秒604をマークしているので、私は全然まだまだ車のポテンシャルを引き出せてません。次回はもうちょっと頑張ります。車を壊さない程度に。

2009年4月12日 チャンピオン戦第3戦AGSC

 早くも今シーズン3戦目のダートラ。AGSCは恒例の坂下でのイベント。今回の目玉として全日本の北村選手がゲストおよび本番車でコースクリアをやってくれた。

P1000111.jpg

 コースはいつものようにスタートから坂を駆け上がり、上の島周りを回って林道下り。そこから島を回ってもう一度林道を上がり、フルターン。また林道を下り、最後に島を右に左にひたすら切り返してゴール、という設定。しかし・・・この最後の面白くないスラロームは何とかしてほしいものだ。昔はパイロンでスラローム。新しく島ができてもスラローム。ほんま堪忍してーな。
 そして坂下は雨系のタイヤ選択という妙なセオリーがあるが、路面と天気と相談しながら1本目からA035でアタックすることにした。
 そしてスタート。いきなり1コーナーで突っ込みすぎて曲がらない。北村選手に「1コーナーのアクセルのタイミングが合ってない」と評された。だって、突っ込みすぎたもん(悲)上の島周りでも進入で向きが変わらないため、強引に1速でアクセルターン、つじつまは合った。林道は相変わらずドアンダー。下での島周りもアンダー。やっぱ埃がまだ残っているのか。その後、スラロームは山が遅れ気味になるものの何とかサイドでごまかしてゴール。ベストタイムを更新するもAPU代表に抜かれ2位。0.4秒差だった。
 昼の完熟で、路面が荒れてきているところをチェック、ラインをしっかり頭に入れていく。
 2本目はいつも自滅するのできっちり走りきることだけを意識した。でも意識すればするほど緊張してきた。でも前走者のあと、落下物の回収でラップされなかったことで、一息つけたので冷静にスタートできた。1コーナーはきっちり押さえてクリア。上の島周りはやっぱり曲がらない。1本目と変わらない。もっとインに寄らないと。林道下りは早めのアクセルオンでクリア。ここはハイクロスだと2速ギアが合わない。下の島は激しいギャップがあったのできっちり避けて林道を上がってフルターン。ちょっと突っ込みが甘くサイドが一発で効かずアンダー。最後のスラロームもギャップを避けるラインで良い感じでゴール。しかし、1本目のAPU代表に届かない。しかも2本目タイムを上げてきた。結局0.5秒差の2位でした。

P1000116.jpg

F塾長車載映像はこちら

 今回はそれなりに2本目が走れたので2位だったけど得られるものが大きかった。これからきっちり2本目を走って優勝争いに常にいられるようにしていきたい。あとはA036に慣れないとね。

 最後に北村選手から「あっぱれ!」の評価をもらった選手たちが人生横向きのステッカーと扇子がプレゼントされた。その記念撮影、その時の画像がこちら。

P1000118.jpg P1000119.jpg
    テイク1            テイク2
誰が主役?

今回、N1クラスで後輩のN田君が優勝していた。数年ぶりの優勝で、インテグラに乗り換えて初優勝。現役学生の指導もよろしくね~

P1000115.jpg

2009年3月15日 チャンピオン戦第2戦シンフォニー

 今回は前日から雨だったが、天気予報と出走順を考慮して、タイヤはA035と036を持って行くことにした。
 朝一コースはかなりウェット、レイアウトは逆走で島回りをクランク状に抜け、ギャラリー前からロングストレート後ヘアピン。またストレートに戻って外周を回ってゴール。後半の高速区間が重要になってきそう。
 1本目は、ウェット系のタイヤを選択する選手が多い中、選択の余地なく035で行く。島回りでかなりアウトまで出てしまったが大きなロスなくギャラリー前へアプローチ。路面が白いところを選んで走り、進入してからチョン引きサイド。うまいことインを押さえられた。ストレートは米山さんのアドバイス通りきっちりレッドゾーンまで引っ張り切ってからシフトアップ・・・次のシフトアップランプが光るまでの時間が短い!奥のヘアピンはなぜかサイドが効かずにベタグリップ。再度外周は進入から路面がウェットと砂利が多く2月速のままクリア。高速S字から杉Gコーナーもいい感じで抜け、最終コーナーへ。ま、曲がらない(悲)超ドアンダー!1速でゴール。タイムは一応トップタイム。全体的にはうまく走れたと思う。
 昼の完熟、路面がかなり良くなっていて036で行けるか、周りと相談した。2本目が始まってからもずっとみんなで悩んでいた。でも日差しで乾くのも早く、埃が全体で舞い始めたため036で行くことにした。周りもいつのまにか履いていた。
 そして2本目、1,2コーナーはうまくいったが、島回りの進入でめっちゃグリップしてハンドルが定まらない。あたふたしてギャラリー前へ進入するも、突っ込みすぎてドアンダー。1速に入れて立ち上がる。(ストレートが遅い!)奥のヘアピンは1本目と同じくサイドが効かずにベタグリップ。そのあとの右ヘアピンでスーパードアンダー。アウトのフカフカまではみ出してしまった。この辺から真剣に走る気が失せそうになるのを懸命にこらえながら、外周につなげる。ちょっと冷静になったか、ゴールまでは今まで036を履いた2本目で一番うまく走れたと思う。ゴールして諦めモードでタイムを聞くと2番手。でも実は遅刻で賞典外出走のK自動車の若手がトップタイムだとか。また後半ゼッケンのリタイアにも助けられ、一応優勝することができた。

 今回はタイヤと運のおかげで勝つことができたが、2本目勝負のここ一番でミスが出てしまう。去年からの課題を克服しないとあきませんな。

P1000084.jpg

WRCコドラ選手は今回優勝!ぶっちぎってました。
P1000082.jpg

M5選手 この高速ステージでの4位入賞はさすが
P1000083.jpg

表彰式終了後の抽選会でなんとダートラ無料招待券をGet!
P1000085.jpg  P1000086.jpg
二人の後ろに座っていたとくアナもGet!魔のトライアングル地帯か(?)

次回のAGSCも頑張ります。

F塾長車載映像はこちら
↑ほんま2本目はヘボヘボですが(悲)

F塾長

2009年2月22日 チャンピオン戦第1戦 フリート

今年は例年になく早い開幕戦、坂下から始まった。今年からクラス区分がS3からS2へ変更になったが、車種は変わらす。
 そして坂下は昨年閉鎖の危機に追い込まれながらも、営業を続行。コースが広場のパイロンコースから島周りコースに変わった。とはいえ、パイロンが島になっただけで基本的なコースレイアウトは全く変わらない。
 エントリーは昨年チャンピオン不在でこりゃ勝っておかないといかんと自分にプレッシャーがかかる。コースはスタートしてテープルトップに上がり、林道を下る。そこからもう一度上を回って最後は島をシケイン状にクリアしてゴール。例年の最終パイロンスラがなくてよかった。(あれ面白くないし)
 チャンピオン戦からスタートすることで1本目はA031、ショックは前1段、リア2段柔らかくセッティング。いきなり1コーナーでオーバースピード。テープルトップは路面がガタガタでアウトに吹っ飛びながらクリア。林道は攻めたら危ないので押さえていくが、それでもドアンダー。A031の舗装グリップは全くダメだ。そしてもう一度坂を上がる右でインに刺さるかなと思ったら車がスライドしてくれて助かった。坂を上がって島の左でまたもドアンダー。登りからいきなりフラットになるので荷重が抜けてしまった。もっと押さえなければ。最後に林道を下ってシケインの進入でもたつきながら切り返してゴール。タイムは2位を2秒以上ちぎってのトップタイム。
 2本目は完熟をしながらA035で行くことにした。ギャップが多いのと固いところが見え始めていたため。ちょっとリスクがあるけど。
 やはりテープルトップの荒れ方は半端じゃなくもう押さえて入るしかなかった。そこからはA035がグリップしてくれる。しかし、坂を上がって島の左でまたもやドアンダー。曲がらない!また交差するラインはギャップで車がジャンプするほど掘れてた。あとは無難にゴール。結局コンマ7秒のタイムダウン。後で車載見たら結構失敗してるけど車速は乗ってる。きっちり走ったらタイムアップしたかも。(微妙やけど)最終的にほとんどみんなタイムアップせずで1本目のタイムで優勝しました。

DSCN0297.jpg

 またジュニア戦ではWRCコドラ選手とM5選手も表彰されました。
DSCN0300.jpg
DSCN0301.jpg

今回はtada選手や最速選手、A川選手がいなくてファイナリストとしても寂しかったですが、例年坂下での試合はこんなもん。次回のコスモスはたくさんエントリーすることでしょう。

DSCN0245.jpg
うちの家族も来てました。奥で走っているのはF塾長ランサーです。

DSCN0247.jpg
こんな事件もありました。もう1台の黄色いインプレッサはエエ勢いでコケてかなりダメージ大でした。

F塾長車載映像はこちら

F塾長
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。