TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月12日 チャンピオン戦第3戦AGSC

 早くも今シーズン3戦目のダートラ。AGSCは恒例の坂下でのイベント。今回の目玉として全日本の北村選手がゲストおよび本番車でコースクリアをやってくれた。

P1000111.jpg

 コースはいつものようにスタートから坂を駆け上がり、上の島周りを回って林道下り。そこから島を回ってもう一度林道を上がり、フルターン。また林道を下り、最後に島を右に左にひたすら切り返してゴール、という設定。しかし・・・この最後の面白くないスラロームは何とかしてほしいものだ。昔はパイロンでスラローム。新しく島ができてもスラローム。ほんま堪忍してーな。
 そして坂下は雨系のタイヤ選択という妙なセオリーがあるが、路面と天気と相談しながら1本目からA035でアタックすることにした。
 そしてスタート。いきなり1コーナーで突っ込みすぎて曲がらない。北村選手に「1コーナーのアクセルのタイミングが合ってない」と評された。だって、突っ込みすぎたもん(悲)上の島周りでも進入で向きが変わらないため、強引に1速でアクセルターン、つじつまは合った。林道は相変わらずドアンダー。下での島周りもアンダー。やっぱ埃がまだ残っているのか。その後、スラロームは山が遅れ気味になるものの何とかサイドでごまかしてゴール。ベストタイムを更新するもAPU代表に抜かれ2位。0.4秒差だった。
 昼の完熟で、路面が荒れてきているところをチェック、ラインをしっかり頭に入れていく。
 2本目はいつも自滅するのできっちり走りきることだけを意識した。でも意識すればするほど緊張してきた。でも前走者のあと、落下物の回収でラップされなかったことで、一息つけたので冷静にスタートできた。1コーナーはきっちり押さえてクリア。上の島周りはやっぱり曲がらない。1本目と変わらない。もっとインに寄らないと。林道下りは早めのアクセルオンでクリア。ここはハイクロスだと2速ギアが合わない。下の島は激しいギャップがあったのできっちり避けて林道を上がってフルターン。ちょっと突っ込みが甘くサイドが一発で効かずアンダー。最後のスラロームもギャップを避けるラインで良い感じでゴール。しかし、1本目のAPU代表に届かない。しかも2本目タイムを上げてきた。結局0.5秒差の2位でした。

P1000116.jpg

F塾長車載映像はこちら

 今回はそれなりに2本目が走れたので2位だったけど得られるものが大きかった。これからきっちり2本目を走って優勝争いに常にいられるようにしていきたい。あとはA036に慣れないとね。

 最後に北村選手から「あっぱれ!」の評価をもらった選手たちが人生横向きのステッカーと扇子がプレゼントされた。その記念撮影、その時の画像がこちら。

P1000118.jpg P1000119.jpg
    テイク1            テイク2
誰が主役?

今回、N1クラスで後輩のN田君が優勝していた。数年ぶりの優勝で、インテグラに乗り換えて初優勝。現役学生の指導もよろしくね~

P1000115.jpg
スポンサーサイト

近畿ダートラジュニア第3戦参戦記(M5)

2009年4月12日
 AGSC
プラザ坂下
 晴れ ドライ

 第3戦の坂下に行って参りました。タイヤはフロントにウエットタイヤを履く自称坂下仕様。また今回はシフトランプを装着してみました。前日に商品が届いたため、軽く説明書を読んで取り付けただけでぶっつけ本番でした。
 いざ第1ヒートをスタートしてみるとFCまで回してみても光らない?仕方なくだいたいの感覚で適当にシフトアップ。ひょっとして不良品だったのかとガックリ。(後日シフトランプの説明書をよく見ると設定方法があるようでした。残念)そのうえアンダーステアがきつく、普段より舵角が多目に必要でした。
 なんとか無難に走りきって1本目のタイムは3位。しかしトップとの差は3秒もあるので上狙いは無理。せめて順位キープできればと言うところ。
 昼の慣熟歩行で新発見。いつもの坂下とは違い路面が硬いような気がする。特にフラットな岩盤の上を通るコーナーもいくつか有り、これではウエットタイヤでアンダーがでるのも当然のこと。でも今回はこのタイヤしか持ってきて居らず、仕方なくそのままで2本目を走りました。
 2本目は少しでもタイムアップを狙い速度を上げてみるも、やはりアンダーが出るばっかり。挙句の果てにフロントタイヤがリム落ちしましたが、チューブで復帰してくれてそのまま走行。後はリズムが狂ってメタメタの走り。1秒タイムダウンで万事休す。結局、SJ1クラス14台中6位でした。
 練習不足の為かドリフトコントロールに不安を感じる今日この頃です。チームの門前練習会に参加して次戦以降のコスモス高速ステージに備えたいと思います。
P1000114.jpg

4/12近畿ダートラジュニア第3戦出場

2戦からほぼひと月、第3戦に参加しました。
結果は、NJ2クラス優勝!連勝です。

場所は、1戦目と同じく坂下です。
相変わらず車、タイヤ全く触らず走るのみです。
今回マークしていたのは、前回の坂下で0.2秒負けたストーリア、前回から
参加のブーンの2台です。
道は、1週間は雨が降っていない状態なので、散水車が入るためゼッケンが
早いこともありウェットです。(タイヤは1セットしかないので迷いはなし)

そして1本目スタートです。今回は北村選手が全員の走りを見るということで
ちょっと緊張しながらスタート。上に昇って左コーナ、2速でいけると思っていたが
ちょっと突っ込みすぎ、あわてて1速へ。「それいけー」とアクセルON。
「あれれ、前に進まんぞ??」 なんとシフトミスでどこにも入ってない!
そのあとは、めろめろ。結果1位との差、2秒弱の2位。がっくり
しかし北村選手からは、インをきっちりつけており「合格!」とのコメントがあり
気をよくして2本目へ。

気温もあがり、散水してもすぐ乾くという状況。よっしゃタイムアップだーということで
シフトミスだけはと思いスタート。しかしほぼ抑えようと思っていたところでことごとく
ミス、1速に入れまくり、先ほどほめられたところもだめだめ。ゴール
アナウンスは? 「トップ更新です!」 「やったー」ということで、3秒アップ、2位と
0.4秒差でした。

さあつぎはコスモス、3連勝狙うぞー。
(しかしN2との差は相変わらず4秒もある・・・どうにかせねば
連休での練習がんばろうっと。)

P1000113.jpg

今回は、F塾長のクラスは白熱した戦いで非常に面白かったです。
また、M5選手も1本目 あの車で3位と好位置でしたが、2本目ミスで
残念。しかしまた全員表彰され気分よく帰路につきました。

WRCコドラ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。