TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年5月17日 チャンピオン戦第4戦 サンダース

 今回は週間天気から雨のダートラになりそうだった。エントラントリストを見ると僕とAPU代表、Tアナがいたのが影響したか?でもそれはもう過去の話・・・きっと雨を降らしたやつがいるに違いない。
 コースは過去に走ったことのある順走でコスモスをフルに使った高速コースだった。(去年の全日本と一緒かな?)
 路面はフルウェットで、ジュニア戦は相当スリッパリーな状態、チャンピオン戦になって路面の固いところが見えだしてS2クラスが走る頃には完全にラインができていた。そして順番を待っていると、今まで持ちこたえてきた雨がポツポツと落ちてきた。早く走らせてくれー!と心で叫んでいたが、無情にも雨は全く止まない。もう自分の中で「完走」のみを念頭に置いてスタート。路面はウェットながらグリップ感があり、車も安定している。今回は本番で始めてACDをSNOWモードでトライした。その恩恵もあったと思う。コーナーの立ち上がりではリアが収まりきらずオーバーステアで立ち上がっていたが、ウェットのため車速を殺すよりはましかと全開あるのみ。(本当はチョイとアクセルを抜けばいいんやけどな~)そしてメインストレートからギャラリー前の右コーナーでフェイントで進入。ところが予想以上にグリップしてクリップ付近でリアが止まってしまった。でもアクセルでタイミング良くアングルがついてくれたので、何とか全開でクリア。そこから本道へ合流するとことはサイドで向きを変え1速で立ち上がる。最終ヘアピンは良い感じでゴール。タイムは何とベストタイム更新!
 2本目に向けて完熟すると、路面は全体的に相当固い。このまま小雨が続いてもタイムアップしそうな感じ。全日本やったらこんなウェットでタイムアップするはずがない路面でガンガンタイムあげてくるもんな。(今まで何度も見てきている)
 ジュニア戦の選手は軒並みタイムアップしている。チャンピオン戦になってもタイムアップする人もいる。こりゃ油断できひんなと思いながら順番を待つ。S2クラスになって雨がより激しくなってきて今度は軒並みタイムダウン。とりあえず、自分の走りをするだけと言い聞かせてスタート。雨の割にはそれほどグリップ感は落ちていない。しかし、真ん中のストレートから折り返す左ヘアピンで、あわや転倒。
danger.jpgほんまに危なかった。進入でちょっとブレーキが早すぎてすごくグリップしてしまい、1速サイドでアクセルを入れた瞬間、めっちゃ前に出てイン側に乗り上げてしまった。必死でカウンターを当てて逃がして転倒を回避した瞬間今度は目の前の壁に刺さるまいと左ロック。一瞬で一杯ハンドルを回しました。とりあえず無事だったため再スタートするも、オイルクーラーはどっちにあったっけ?と考え、「ああ、右、右、大丈夫」と再び集中する。とはいえそんなに急に冷静になれるはずもなく惰性でゴール。
 最終的に1本目のタイムで優勝が決まった。勝因はやはり1本目に冷静に走れたこと。雨が降ってきたことが逆に良い方向になってくれた。あとは2本目、転けなかったこと。諦めずにハンドル回してよかった(汗)次回は梅雨のダートラ。晴れたらいいな。

F塾長映像はこちら

F塾長
スポンサーサイト

近畿ダートラジュニア第4戦参戦

今回は初めての雨です。
どうにか午前中は降らずにもちそうな状況です。

今回もタイヤには迷うことなくドライ用一本です。

慣熟歩行では、さすがに雨の影響でぬかるみが多くあり、ゼッケンの早い私に
とっては泥かきとなるのは明白。

スタートしまず第1の左コーナ 予想以上にリヤが流れハーフスピン、1速に落とし気を
取り直し第2の右コーナ ここでも同様にハーフスピン またまた1速に。
予想以上に滑るので、あとはできるだけ抑えて走ることに徹し、無難にゴール。
1本目は、0.6秒差の2位。(いつも1本目は2位)

今日は午後から豪雨の予想だったため、1本目の勝負とみられ、1本目の結果
より、3位内ぐらいにはいるのがせいぜいかなとの予想。

午後からの慣熟歩行で、路面を見ると泥がはけ、下の岩盤がかなりでている。
コースさえはずさなければ大丈夫。
これはいけるぞーと思っていた矢先ぱらぱらと雨が…。
早く走らせろーと思いつつ、スタートラインに。

前走者のタイムを確認していると、みんな確実に7,8秒アップしている。すでに
3台に抜かれ、これではなにか大きなミスをすると表彰式どころではない。

2本目スタート。1コーナ 左は1本目スピンしていたので、慎重に進入。様子を見ながら
加速。慣熟でみたとおりの岩盤をとらえぐんぐん加速するではないか。次のコーナも
少し様子を見ながら進入。ここもがっちりグリップ。よしいけるぞーということで、
その後はイケイケです。さっき3速のストレートもすべて4速まで入りいい感じ。

無難にゴール。タイムは? トップ更新! 0.3秒差!!( 8.7秒アップ)

TS380239_convert_20090522100746[1]

今回は、タイヤでちょっとあきらめ気味だったが、この結果は今までの中で一番うれしい。
またN2で見ても2位(走るタイミングに大きく影響されるが)、そしてまた今回息子を連れて
来ていたのでいいところも見せれた。

次回も6月後半なので雨の確率が高いが、お金もないしこのままの仕様で行こう。
ジュニアチャンピオンにまっしぐらだー

WRCコドラ

近畿ダートラジュニア第4戦参戦記(報告者:M5)

2009年5月17日
 サンダース
コスモスパーク
 曇りのち雨 ウエット

 前日からの雨で完全なウエットコンディションでした。タイヤはフロントがウエット、リヤがドライ。
門前練習会で他のタイヤは履きつぶしたので、これしか選択の余地は在りませんでした。
スタートして左コーナーを抜けて杉Gコーナーから外周ストレートへ続く順走(左まわり)コース。
 1本目、いつものようにしっかりアウトインアウトで車速を落とさない様に走りましたが、ほとんどのコーナーの立ち上がりで泥に足をとられて前に進みませんでした。この時点で6秒落ちの8位でした。
ゼッケン40番目では泥が掃けてなかったのかなあ?と思いましたが、後で他の選手の走りを見てるとラインが全然違っており、立ち上がりのアウト側のラインには見る見る泥が積もってました。
出来上がったラインは立ち上がりのアウト側はまったく使えない状態のため、極低速コーナリングからフル加速でストレートという所が多く、私の車両には辛いコンディションです。(この時点で気分はナエてました。)
 2本目、雨は降ってましたがライン上の泥は掃けてグリップ感良好で他の選手はタイムアップの嵐でした。
私は低速コーナーはあきらめて高速コーナーで稼ごうと頑張りましたが、リヤがドライタイヤだった為か車の挙動が安定しませんでした。スタートしていきなり杉Gコーナー後半でハーフスピンし、右側の泥溜めに突入。これではストレート速度が乗りません。奥の左コーナーでもハーフスピンし、またストレート速度乗らず。さんざんな走りでした。結果は、SJ-1クラス12台中9位。
 課題は、①4本そろったタイヤを準備すること。②競技途中にネガティブな考えを持たないこと。③パワーウエイトレシオを上げること。①は次戦までに購入します。②は気をつけます。③は車両買い替えが手っ取り早いが今は無理なので、アンダーコート剥がしなどで軽量化する?でもあんまり効果無さそうなのでこれはやめときます。
 ファイナリスト勢は、F塾長優勝(お見事!)、コージ選手6位(第2ヒートは良い走り)、最速選手3位(良い走り、次戦は優勝候補?)、A川選手7位(精進しましょう、僕もや・・)、WRCコドラ選手優勝(良い走り、でもまだまだ速くなりそうです)。

2009年5月9日 京都南丹ラリー2009 参戦記

今年のDE地区選手権初戦となる京都南丹ラリーにナビゲータでエントリー。
昨年に引き続き、荒井選手とペアを組む。車両も変わらずCJ4Aミラージュ。
今年は全日本選手権と併催となり、かなり華やか。

レキは金曜日に行われ、
定番のダムサイド、H峠、ギャラリーステージに加えて
M峠という新ステージが。
ここは以前何回か使ったR渓に似た感じ。
スリッパリーで横が川、しかも速度は乗りそうな感じ。
しかしながらリズムは良い。

本番は土曜日。
全日本は日曜日も含んだ2day、地方選手権は土曜日のみの1day。
スタートは、園部公民館前といつもより華やかなスタート。
SonobeCivil.jpg
全日本のスタート後なのですこし寂しい・・・

向かうは早速話題のSS1・M峠。

コンパウンドはMしか無く、不安を感じていたものの
思ったよりも路面は乾いていそう。気温もどんどん上昇。

ラインについてシグナルが青に!
が、加速Gが殆ど無いです・・・
代わりにあるのは凄まじいホイルスピンの音とタイヤスモーク。

タイヤ暖めているんですか?ちょっとやりすぎ・・・壊れるよ~

にしても、あまりにも進まない。
VTECターボ400馬力空転という感じ。

ドラが
「何かおかしい!!!」

駆動系が逝ったか?

なんとか走っているが、とても正常ではない。
これは・・・だめっぽい。

道が狭いし、完全に動かなくなる前に・・・ちょうど広くなっている箇所があり、
そこへ入って万事休す。もう全く動かなくなりました。
RetireNantan2009.jpg
SS走行距離約700m、走行時間1分未満。
最速記録を塗り替えてしまいました。(リタイアまでという意味で)
NantanSSdistance.jpg
あとは、ファイナリストのオフィシャル業務手伝いを・・・
させられそうになりました。。。

ポイントからしても非常に痛いリタイアでしたが、
次戦ANDにも参戦予定。
(当初は近畿地区のみだったのですが)
次は確実にポイント・・・と出来れば表彰台の・・・真ん中を狙っていきたいです!
donadonaNantan2009.jpg

Oはし

おまけはこちら
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。