TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合レジャークラブ チームファイナリスト キャンプ in Summer '09

ことしも8月上旬、恒例の夏キャンプが決行されました。
場所は昨年の鈴鹿キャンプ場が閉鎖されたので、
淡海に面する白鬚浜となりました。 【“総合レジャークラブ チームファイナリスト キャンプ in Summer '09”の続きを読む】
スポンサーサイト

2009.8.29~30 第30回神大ラリー 参戦記 

第30回神大ラリー 2009
兵庫県 神崎郡神河町周辺  主催:神戸大学自動車部

中部・近畿ラリー選手権 第3戦となる神大ラリーは
例年どおり、金曜夜レキ、土曜夜スタート、日曜早朝フィニッシュの構成。
今年はO田ダム、M山高原の上り下りのみを使う設定。
今回もA井選手とのペアです。

前日レキ終了の後、一度もどり土曜日はゆっくりJRで・・・
が、荷物を電車内に忘れて手ぶらで現地入り。
こういう事もあろうかと、ラリー必須のアイテムは
前日に預かってもらっていたので無問題でしたが。
なまじ荷物が少なく存在が希薄になっていました。

ラリーの設定は
SS1:M山高原登り
SS2:O田ダム下り
SS3:O田ダム登り
SS4:M山高原下り
サービス挟んで
SS6~8:SS1~4のリピート
というシンプル設定。
スタート・サービス・フィニッシュは寺前駅前の役場駐車場という
よいロケーション。

今回のBクラスには
普段は全日本Cクラスを走る某T山選手が借り物ミラージュでエントリー。、
一方今年某全日本ラリーで2位入賞した某A井選手(速い方)もエントリー。
両方とも神大スペシャリスト・・・人外クラスを形成。
エントリー台数もBクラス19台と活況。Cクラスは9台でしたが・・・。
狙うは3位表彰台。

まずはSS1でダッシュを掛けたいところ・・・が突っ込みすぎが多数。
ちょっと気合が前のめり?
タイムは・・・トップ2台にはぶっちぎられている模様。
これは想定内。でも、その下にもちょっと離されている感じ。
そして毎年課題のSS2 O田ダム下り。
どーしてもコーナリングスピードを落としてしまっている感じなのです。
ここも人外クラスとはキロ3秒程離され。
続いて登りSS3。悪くはないけど・・・。
SS4・・・悪くはないけど・・・もう一つ限界を高めないと
入賞は難しい感じです。ノートリーディングも悪くない(と思う・・・)
ここでサービスに入り、順位を見ると6位くらい。数秒の中に何台もいる接戦。
表彰台は彼方に消え去っていたので、入賞狙いとする。

ナビとしての感想は
やはりコーナリングスピードが落ちすぎている感があり、
特に下りは一つ上のギアで走る事を提案。
SS5はSS1より乗れている感じもあったのですが、僅かなタイムアップ・・・うーんわからん。
SS6,7も僅かなタイムアップに留まり最終SS8。
・ ・・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━
そう、この感じですわー。リアタイヤが仕事し始めた感じです。
特に後半の2車線区間はかなりいい感じで駆け下りてフィニッシュ!
SS4と比較してキロ1秒アップ! これが最初から出ていれば・・・
と思わせる走りでした。
しかしながら結果は・・・入賞外7位に転落・・・ううう。
でも、最後にいい感触をつかめたし次回に期待なのです。

表彰式後、下り最速T山選手のタイヤをチェックしましたが・・・
リアタイヤしっかり使ってましたわー 流石でした。

結果
DE-Bクラス 7位/19台

Oはし

2009年9月20日 チャンピオン戦第8戦 サファリ

ついに今年の最終戦です。

前戦でチャンピオンが決定したが、やっぱりきっちり走らなあかんし、
でも絶対完走という条件があって、微妙にプレッシャーがかかっていました。

コースはヘアピンスタート、ストレートに入り、折り返してギャラリー前を抜け、島周りをシケイン状にクリア。
あとは大外を1周してからゴールという設定。(よーわからんな)

天気も非常によく、埃がものすごい。
ジュニアとチャンピオンの間に散水するも、S2クラスが走る頃にはまた埃だらけ。

1本目、タイヤはA035Mコン。
スタートのヘアピンをインベタで抜けてすぐAPU代表の砂ぼこり攻撃に合い、一瞬視界を失う。
ギャラリー前はチョン引きサイドでうまくクリアできた。
そして、外周の二つ目を3速のままで行こうとチャレンジしたら無理でした。
アウトに逃げるばかりで2速でリカバリー。
いつもドアンダーの最終コーナーはだいぶ手前から横に向けたらいい感じ。きっちり2速で抜けられた。

なんとトップタイム!でも勝負は2本目。
昼の完熟でタイヤもA036で問題なし。あとはドライバー次第。

2本目は主催者の気配りで埃を考慮したラップタイミングでスタートした。
前半、いつものグリッブ感が感じられない。035の走らせ方になってしまっているのか。
そして後半に入るところ、今回ストレートに抜けるイン側に盛り土ができていて、
そこにドリフトして入っていったら滑りが止まらず、危うくアウトの土手にヒットするとこだった。
あとは無難にゴール。

タイムは2番手。K泉自動車の若僧が地区戦初優勝しました。(ぶっちぎりでした)

まずはランサーが無事に完走できて、かつ表彰台に上がれてよかったです。

これでしばらくモータースポーツ活動は休止になります。
といっても車がないだけで色んな形でモータースポーツに関わっていきたいと思います。

F塾長映像はこちら

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。