TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.6.13 近畿地区ジュニアシリーズ第4戦【シビックEK9】

 梅雨時期のダートラなので仕方ないけれども、やっぱり雨のダートラでした。
 第1ヒートはチャンピオン戦の間は弱雨でした。それでも砂埃が激しく、安全を考慮してジュニア戦開始前に散水が入ることに。しかし無情にも散水した頃から次第に雨量UPして路面はドライからウエットへ。ドライタイヤ(ダンロップ85R)だけで参戦する私には辛い状況です。
 それでも決してあきらめず細心の注意を払いながらタイムアタック開始。スタートして1コーナーから杉Gコーナーは思ったよりもグリップしました。これならまだ行けそうやん、と思って調子に乗ったのが悪かった。奥の左コーナでややアウト側から突っ込んで見たらやっぱりグリップなし、そのまま外の泥地帯に完全にはまってタイムロス大。次の左ヘアピンは少々抑え気味で入ったつもり、でもやっぱりインを付けずここでもタイムロス小。さすがに学習して次の奥の左コーナ2回目はバッチリ、おかげ様で続く長いストレートでもタイムを稼げた。そしてギャラ前の周辺はソツなくこなし、最終の右180度ターンでは少しアンダーでタイムロス小。走り終わってみたらベストタイムの声。ラストゼッケンの選手はさすがでかなり速かったが、ギャラ前で痛恨のミステイク。大幅タイムロスで結局2番時計に。僕にとってはラッキーでした。
 第2ヒートが始まっても雨は一向にやみませんでした。しかしチャンピオン戦のN1クラスでは、続々とタイムアップ。もしこの路面がジュニア戦まで保てば、ウエットタイヤの選手に逆転されるかも知れない。と思い、せめてもの抵抗でタイヤを前後ローテしてピンピンタイヤをフロントに移設。しかしその後も雨は降り続き、路面は完全ウエットに変化。渾身の走りでも7秒ものタイムダウンでした。結局、だれもタイムアップ出来ずに第1ヒートのタイムで逃げ切り、SJ1クラスでの初優勝となりました。また、第2ヒートだけのタイムで見てみたらA川に続く2番時計でした。タイヤの違いもあるけれども、A川もなかなかやるもんです。
 棚ぼたのような勝ち方ではありましたが、やっぱり嬉しいものです。次回も優勝目指して頑張ります。晴れてくれ!

報告者:MASAGO
スポンサーサイト

2010.6.13 近畿地区チャンピオンシリーズ第4戦【ブーン】

雨模様の試合。降ったりやんだりの様子。
今日は迷わずウェットで行く予定。前回中途半端な散水状態でスピンだったので、特に2本目要注意だ。

1本目 雨模様にもかかわらず前日までの晴れで、ドライ路面。各コーナふかふかの砂で足を取られ修正が多い。
さらに奥の左ヘアピン後自分のホコリ?で直線が見えない!様子を見ながらで中途半端な加速で次の左ヘアピン。
曲がるとこれもまた直線が全く見えず中途半端。最後極めつけは、最後の薄い左前の直線で次走者のF塚氏の上げたホコリでだいぶ手前でブレーキ!
ホコリにやられ5台中4位上と3秒差トップと8秒差!!

2本目 雨が降り出してきた。前回同様これを失敗したら最低ラインの3位にも届かない。気合を入れて1本目すべて中途半端だった直線をがんばって踏んでいく。大きなミスはない。雨でちょっとおさえたか、もう少し行けた気がしたが、無事ゴール。5秒アップするも3位。トップと4秒!
唯一2本目は2位のT巳氏とコンマ台の差。

今回の反省は、やはりもう少しいけるなといった感じで、どこまでいけるか路面との兼ね合いをみた走りができなければと思う。

次も雨だろうから今回の感触を残しつつがんばりましょう!定番3位を抜け出さないと!!

ぶーんぶん

2010.6.13 近畿地区ジュニアシリーズ第4戦

雨!雨!なんで前の日まで晴れてたのに雨やねん!と思わず言いたくなってしまう天気。
ウェット路面は滑ってつまらないから嫌いである。特にハチロクでは、ウェット路面のときは勝負を捨てていたためウェットタイヤを試合会場に持っていったことがなく(所有はしていた)使い方もよく覚えとらん。ミラのときはお気に入りだったけど、ずいぶん昔で覚えてない。
おまけに荷物の後片付けもめんどくさいし、雨でテンションがあがらないままのトライである。

今回のコースはどこかでみたことあるっていうかいつものシンフォニーのコース。
直線長いから立ち上がり勝負か。

1本目
今回もチャンピョン→ジュニア。僕のゼッケンはラス前の107だ。朝は降っていなかったが、1トライ目を開始したあたりからシトシトと降り始める。しかし、とても乾いた路面はシトシト雨ではへこたれずにすごい砂埃。チャンピョンとジュニアの間の散水が決定された。で、散水が入った頃にシトシトからザーに変わる。これにより、ウェットタイヤを選択することに決定。
で、第2戦の反省より、進入を抑え気味にして初期アンダーを排除する作戦で走ったら、進入はよかったけど、立ち上がりでドリフト大会をしてしまった。
タイムは伸びずに1'40.442。トップとは3秒差の7位。だめだこりゃ。

完熟歩行。どうもA031というタイヤは横向けると前に進まない。反省点として早めにカウンターをあてて車をまっすぐ立ち上げることにして、タイムアップを狙う。目標35秒台。

2本目
雨脚はいつのまにかザーザーに。路面はマディでスリッパリーな状況に。ジュニアはほとんどタイムアップせず。それでも望みをかけてスタートしてみれば・・・1コーナーからずるずる。杉Gコーナーから高速S字もずるずる。ラインをキープするだけで精一杯。奥のコーナーはブレーキかけた瞬間曲がることは不可能でることを悟り、土手にフレンチキスを覚悟するも、なんと右フロントの軌跡上にでかい石が落ちている!吸い込まれるように石にヒット!その瞬間、タイムアップ不可能、気になるダメージ、これ以上被害を広げたくないというネガティブイメージが頭をよぎりリタイヤを決意。そしてリタイヤ。他人様の車を借りてるから不要なリスクは早めにつぶすに限る。

今回の総括は、今後雨が降らないように祈ること。以上!

tada

あさま隠山岳ラリー2010

2010年6月6日
JMRC群馬ラリーシリーズ第3戦
あさま隠山岳ラリー2010
群馬県 東吾妻町周辺  主催:オートスポーツクラブあさま隠(ASCA)

2戦目は出場できなかったので、これが群馬戦第2戦目。
場所は近畿の人でもわかり易く言うと、最速豆腐配達漫画の根拠地です。
どこか見た事のある光景が沢山。

リアデフも急遽入れ替えて目標は入賞です。

使うのは2本の林道
旧榛名林道:4.76km SS1,3,4,6
(近畿で言うと、R渓とかG山、狭いハイスピード。)
坂倉林道:10.67km SS2,5
(近畿で言うと、M山下りロングのドン付きまで、アップダウンと3~4のロングコーナーが多い。)
計SS距離40.41km

ナビはO田選手。
レキは土曜日に実施、本番は日曜日デイラリー。


まずはハイスピードのSS1。
と、いきなり0カーが消える。
retire0car.jpg

波乱の予感。
スタートしてそこそこのペースで行くが、
連続する高速の薄いコーナーや、
時折現れるヘアピンの不規則なコンビネーションに
ノートが全く合わない・・・
なんとかガマンしてフィニッシュしたが、とても攻めきれた走りでは無く。

気持ちを切り替えてSS2。
ここはリズムも良くノートリーディングも先よりはやり易いはず。
ただし、回り込むコーナーが多くちょっと苦手意識が。
あとタイヤの消耗と発熱も抑えないと。後半は下りなのでブレーキも考える必要が。

実際走ってみると、予想通りノートリーディングは問題なし。
そしてタイヤをこじらず、速度をキャリーする事を意識。
しかし、失速してしまう事が多い・・・
後半、タイヤがタレて来たが問題ないレベル。
いい感触でフィニッシュ。

そして再走のSS3。
今度はペースアップを計りたいところ。
先ほど踏めなかった高速コーナーも
ノートが合い、踏めていけて5秒アップ!

ここでサービス。
今回はフロントに6部山のA036を装着してスタートしたが
いい感じで減ってきている。このままフィニッシュまで行けそう。
というわけで作業は何も無し。

連続して再走のSS4。
更にペースアップを計り、突っ込み過ぎになる所もあったものの、
更に5秒アップ!
私の普段のラリーにない展開!

そしてSS5。
が、スタート前にSS6がキャンセルのお知らせが。
という訳でこのSSが最終となる。
先ほどよりももう少しペースアップを図りたいが、
こういうコースをどう走れば良いかよくわからない・・・
という事で、ロングのコーナーはそこそこで、高速コーナーを目一杯走ることに。

道幅はそこそこ広いので高速コーナーは
目一杯のラインを取って走る。
キャー怖いー けど楽しい。でもその後のロング低速コーナーで・・・ううう。
SS2よりもタイヤのタレが激しく、後半ペースを上げられない。
でも、前半頑張ったせいか9秒のタイムアップ!
なんだか今日は後半尻上がりの珍しいパターン。気分が良い。
原因の一つは・・・A036の山が減っていった事もあるだろうが。

そして結果は・・・
Cクラス 8位/14台。
うーむ。

少なくとも第1戦よりはいい内容と思ったのですが、
結果は第1戦より順位を落とすことに。
トップとはキロ2秒以上離されているし・・・
うーん、要修行です。
次こそは入賞したいですね。

Oはし

2010年5月16日 近畿ダートラジュニア第3戦AGSC参戦記 シビック

 前回の第2戦はシャフト破損リタイヤで残念でしたが、車のセッティングの方は良い感触が掴めてとりあえず良かったです。あとはドライバーの習熟のみという所まで漕ぎ着けました。
その後、連休中にはコスモスや今庄での練習会に参加させて頂きました。どちらも一流ドライバーによる講習ありで非常に有意義な練習会だったので、短期間に効率良くスキルアップ出来たと思って喜んでいます。
 そんな中で迎えた第3戦AGSCダートラは優勝出来るかも知れないという期待を抱きつつも、変に期待だけを膨らませると今までの経験ではろくな結果にならないので、優勝するぞという意気込みを忘れないように臨みました。

 コースはハイスピードな感じのレイアウトで1箇所だけ初めて走るブラインドの薄いコーナーがありました。慣熟歩行でしっかりチェックして置いたのでそのコーナーも含め全体的に1本目から結構いい感じに走れた気がしました。タイムは第1ヒートのクラストップタイムをマーク。シビックに乗り換えて初の一番時計で嬉しかった。F塾長からは「おいしい思うたらアカン」とのアドバイスを貰いましたが、それは中々難しいことです。

 第2ヒートはコース状況をしっかり把握するためいつも以上に他のクラスの走りをじっくり観察しました所、散水が結構多かったのでこれは気をつけねば、と思いながらパドックに戻って出走準備に取り掛かりました。ギャラリー前コーナーはイン側が乾いてた様に見えたので絶対にインを通ろうと思っていたら、いざ走ってみると意識し過ぎて速度を抑えすぎてタイムロス。おまけにラインが想定と狂ってしまい、続くS字コーナーの侵入ラインがきびしいことになってまたタイムロス。その他でも全体的に散水を気にし過ぎており、コーナーを抜けてからあーもっと攻めれたなぁ~という所が何箇所かありました。走り終わってから無理かな~と思いながらアナウンスを聞くとトップタイムとのこと。正直、「おいしい」と思ってしまいました。でもそれはラストゼッケンの選手が走り終わった瞬間に脆くも崩れ去りました。結果は0.16秒届かずSJ1クラス11台中2位という結果でした。

今まで以上に強く優勝を意識して臨んだ試合だったからこそ、負けた直後のくやしさも相当なものが有りました。しかしながら思い返して見ると、何と言うべきか妙な充実感があります。今後も常にこんな充実感のある喜びやら悔しさを味わえる様に、いつも優勝を意識して全力でダートラに参加しなければと思う今日この頃です。


 報告者:M5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。