TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.17 近畿アベレージラリー パナサス

今年3戦目のラリーです。2位が二回続きちょっとおいしいなと思いつつ今回同様の成績であればシリーズ表彰も…
という下心満開での出場です。

秋の篠山を走るということで好天に恵まれ気持ちのいい日となりました。
問題を見ると順番に出てきたものをとるだけ、数えるものやアップダウンもなし。楽だが非常にシビアな戦いの予感。
今回は測定車がプレマシーということで、ちょっとミラと比べて車の大きさの違いが大きいことが気にはなりましたが、まあ行ってみないとということで、無難に1cpに入り次のマップまで行き距離をチェック。ん~距離が2秒分程短めかなということで、ドライバーにもう少し丁寧に走るように指示を出す。しかし結果逆に出て、前半2,0,2,1の5点。
トップは3点。傾向がつかみ切れていないだけにちょっと厳しいかと思いながら後半へ。
後半も大きなミスすることもなくこなすも、やはり傾向がばらばらでさらに最終チェックでよくわからない4点をもらってしまった。
結果 計13点で6位。予想通りシビアな戦いになり、各順位1秒差。

やはりおいしいと思って出ると何かにやられてしまうなあ。
もう一戦神大が残っているので、気を引き締めていきます。(来年に繋げる為にも)

WRCコドラ
スポンサーサイト

2010.9.26 近畿地区ジュニアシリーズ第7戦【シビックEK9】

 今回のダートラは近畿では初のオートパーク今庄での開催となった。昨年オープンしたばかりの今庄ですが、既に練習会で数回走って居りその経験を存分に活かしたいところです。当日の天候は晴れ、しかし路面には散水がしっかり残ってる状態でした。
 1本目。他の選手が続々とミスコースしていたので、8割のペースでもいいのでとにかく完走することだけを目標にスタート。ジャンクションを回り込む第1コーナー左は間違えない様に慎重に通過する。その後、コンクリ+砂+水でスリッピーな所はアンダーステアが多発。ウエット+砂利の箇所では予想以上に車体が流れてタイムロス。最終の低速チョネチョネではサイドを引いて見るが、引くタイミングは遅いし無意識の内にクラッチを踏んでしまってメタメタ。サイドの使い方については来シーズンまでの課題です。タイムは1分43秒299のクラスベスト。しかし午後からが勝負なのは明白でした。
 2本目も散水が入ってウエットの状態。しかし朝と違って路面の渇きが少し早い感じ。砂利も飛ばされており、コースにも慣れてきてタイムアップは必至でした。まずスタートして第1コーナー、今度はしっかり攻めてここでタイム短縮できたはず。コンクリの所や浮き砂利の所はしっかり抑えて、と思ったら外周の右奥のコーナーで自分を抑制できず、突っ込み過ぎてドアンダーが出てタイムロス。最終の低速チョネチョネはサイドは使わず無難にこなしてゴール。タイムは1分40秒838のクラスベスト。嫁と子供が見に来てたのでなおさら嬉しかったです。
 気になるシリーズポイントの方は、有効6戦で10点差のリーダーに。最終ナニワ戦では気持ちよく決めたいなー。

報告者:MASAGO

2010.9.5 近畿地区チャンピオンシリーズ第7戦 [ブーン]

最終9.27が子供の運動会のため、今回がシリーズの最終戦となってしまった。
結局今まで全く上位3台に勝てずに終わってしまった。

1本目 全くのドライで、コースはいつもミスをする右ヘアピンがある設定。そこを気にして走る。いつもは向きが変わらずアウトに膨らんでの失敗だが、今回は気にしずぎて早く向きが変わりすぎ土手に少し乗り上げ気味で結局アウト側の土手にもいき失敗。その他はぼちぼち。結果はトップはM田君がぶっちぎりだが、ひとつ上まで1秒となかなかいい感じ。

2本目 最後なので思いっきり行こうと意気込んでスタートだが、奥のヘアピンではまたアウトに膨らみちょっと失敗。その他のコーナは、迷ったところは1つ下のギヤの落としてしまってどうかな?って感じでまあ無難にゴール。あまり走りが記憶に残っていない状態。1秒アップするもその他の選手も1秒アップし、やはり定位置で終わってしまった。

ちょっとすっきりできず終わったので、ジュニア最終戦にでて、来年に向けていい形でつなげたいなと思う。

ぶーんぶん

2010.9.26 近畿地区ジュニアシリーズ第7戦 [ランサー6]

ジュニアも残すところあと2戦。前回のレポートでは、仕事の都合で出られない旨を書いたが、直前になって段取り変更があり、滑り込みセーフでエントリーできた。シリーズポイントを考えると嬉しいチャンスを手に入れて、しかも天気もいいということでやる気ゲージはアゲ状態で今庄に乗り込んだ。
しかし、予習の時間が取れなくて、事前にハチロクの今庄車載ビデオしか見れなかった!ランサーのビデオあるのに・・・。

1本目
朝、コースは山の陰に入っているため、路面はなかなか乾かない。今回は台数も少なくジュニアが先なので、1本目はちょいウエット状態。進入アンダー/出口ドリフトな感じで全体的にイマイチ。しかし、コース完熟はバッチリで、ミスコース等の心配はなく走りきった。
タイムは1'39.309。4位。みな同じような走りだったのか、1~5位は1秒内のだんご状態。

完熟歩行。チャンピョン終盤は砂埃もあがり始め、路面は改善方向に。今庄オリジナルのスペシャル散水車はとてもいい仕事をするので、路面はウェットだが、1本目よりも確実にマシになるはずで、勝負はやはり2本目だ。目標タイムは路面で5秒、走りで4秒アップの30秒台で金メダル!

2本目
狙え、ベストの走り。狙え、金メダル。イメージを焼き付けろ。集中だ。テンションマックスでスタート。1から2コーナーにかけてはイメージどおり、GOOD。ギャラリー前内側ヘアピン。ブレーキ入れ始めのタイミングは間違っていなかったと思うのだが、微妙にフェイントっぽくアウトに振ってしまったがために、アウト側の滑りやすい路面に入れてしまったのかドアンダー。もったいない。ストレートエンドのコース向かって右奥コーナー、2速でアクセルコントロールしすぎた。ちともったいない。ギャラリー前外側ヘアピン。ここでもアンダー。もったいない。ストレートエンドのコース向かって右奥コーナー。進入のギャップでちょっとアンダーが出てしまった。ちともったいない。ゴール前の1速島周り。無難にこなしたけど、無難すぎ?!
で、ゴール。1'36.147。トップとX秒差の3位。
ギャラリー前ヘアピンのドアンダーが悔やまれるが、これも現時点の持てる実力でしょう。

今回勝ったI選手はシリーズ3勝目で完全に争いから抜け出した。僕はといえば、今回の3位で、シリーズ入賞である3位内に望みがつなげられた。最終戦もドライを期待しつつ、金メダルを狙っていきたい。

なお、今回移動は湖西周りとした。行きは早朝の時間とあって快適。大山崎ICから会場まで1回のコンビニ休憩を加えてきっちり2時間。名神-北陸道に比べ30km距離が短いので、早朝ならば確実に有利だ。
帰りも同じルートを選択したら、161の白髭神社あたりから湖西道路入り口まで渋滞。15分くらい時間をロスしたか。晩御飯を食べるため、志賀で湖西道路にのらず、琵琶湖大橋の手前で博多うどんの店へ。ここは博多のフワっとした麺を提供するお店でおいしい。琵琶湖大橋のところから湖西道路に入ったが、雄琴から渋滞開始。坂本から2車線になっているところが工事で1車線になっているためだ。行きに工事中であるのを確認したのにすっかり忘れてた。僕はポルテでまだいいけど、ランサーの最速選手はお疲れ様でした。湖西道路-161はVICSないので渋滞しててもわからない。滋賀県の道はほんとにいけてないな・・・。

tada

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。