TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿ダートラ第7,8戦参戦【ぶーん】

今シーズンも早くも終わってしまいました。最後の2戦をまとめて報告します。

第7戦 輪番休業のため前日から実家に子供を預けてから会場入り。しかし行く途中豪雨…。晴れとの天気予報だったためドライのみ持参。
案の定会場について路面を見ると、見た目フラットにならされた路面は濡れてかなりやばい状況。
あきらめるしかないが、今回はI様より頂いた7部山の87Rでの初走行だ。
1本目やはりウェット組にちぎられる。トップと6.9秒差。
しかし2本目勝負。まだ奥こコーナや杉Gコーナはかなりぬかるんでいることを頭に入れて走行。しかし奥を3速で抜けるつもりが、荒れ方がひどく大きく外に膨らみ、そのおかげで杉Gコーナもかなり慎重な進入になってしまった。
結果トップと3.4秒差の定位置3位。

第8戦 前日帰りが遅く3時間睡眠で会場に。今回は全日本後であったためかなりパンパンな路面。いつもこれぐらいならもっと楽しいのにって感じ。ただどのくらい突っ込めるかよくわからない状況。今回はジュニア戦からなのでみんなの走りが見れるので、どうにかなるなと。
グリップすると思われたが、みんなかなり滑っている模様。スピンも多くこんなもん見てしまうとまた慎重になりすぎるなあとおもいつつ。
今年の反省で1本目が悪すぎといったところを反省し、ちょっといっちゃうよって感じでスタート。いい感じで最後の奥のコーナー。いい感じでインをついたが、ちょっと流れ出したなと思ったらチョイ外側の荒れた路面に乗ってあっという間に回転。反対を向いてしまいバックまでいれてUターン、トップと13差で最下位。
2本目 N1のタイムアップがほとんどないので、2本目でタイムを出さないとというプレッシャーの中、まあまあな感じで先ほどの奥のコーナ。最後まで悩みつつインにつかず中央の轍にいれてクリアと行くところがかなり逆バンク気味で出口でアウトに行っちゃったって状態だったが、ゴールしたら「「トップタイム更新」」とのアナウンス。今までに1本目のトップタイムを破ることがなかったのでというか、中盤までシリーズトップだったので、最終走者だったのでとても気持ちよくパドックへ。
ちょっとどきどきしながら待っていると、「T氏ゴール。1000分の8秒届かず」ガッツポーズ!!
もう一人だ。「M氏ゴール。ブッチギリ!!」やはりそこまでうまくはいかんなと思ったが、初めて上位2名の間に入った。
最終戦で今年の目標がクリアできたので、非常に気分良く締め括れた。

今年はもう一戦、西フェスに参加のつもりなので(一応頼んで出してもらう予定だが)そこでも気持ちよく今年の活動が終われるよう頑張ろう!

親方ぶーん
スポンサーサイト

ミキティ♂選手のラリーデビューということで
シンフォニーラリーにエントリー。
ノート練習も数回合わせて・・・まあ大丈夫でしょう。

レキ前日夜に「消火器忘れてましたー」というメールが来たものの、
今回のサービス隊長の”速い方の”荒井さんに、急遽前日入りして頂き、
レキ後消火器を取り付け。無事車検をクリアしました。
本当に本当にありがとうございました。

レキ後は高浜の民宿「大田下仲」で刺身舟盛にありつき、プチ宴会。
来年は皆様もぜひどうぞー安くしますよ?
早々に寝る。ミキティ♂、ここはは一番手。

翌朝は7時スタート。
mikity-1.jpg
今回のステージは、昔京都ラリーで使った染ヶ谷の林道。
これを往復という設定。
SS1,3,5が福井側スタートで京都側まで降りる約10km、
SS2,4が逆送で頂上でフィニッシュの5km弱。

まず、デビューSSとなるSS1。
昨日の雨で路面はウェットでスリッパリー。
デビュー戦には酷な感じもする。
デビューにしてはそこそこな走りで無事フィニッシュ。

レストホールトでタイムを聞くと、クラストップから5秒遅れと
なかなかの位置。皆さん、慎重な出だし?

この勢いでSS2。
しかし、上位常連組が目を覚ましてブッチ切られる・・・
まあ、想定内。

サービス後のSS3は、路面が乾いてきた事もあり
ペースアップに付いて行きたいところでしたが、
インカットの泥に乗ってミゾ落ち・・・右フロントロアアームが曲がってしまいました。
タイムも2秒アップに留まる。
mikity-2.jpg
以後、SS4、5も伸び悩み・・・しかし、無事7位完走。パチパチ。

初戦で難しいコンデションの割りには良かったのでは?
ミキティ♂のポテンシャルはまだまだ上のはず。
色々課題が見付かったようですし、次回が楽しみ。
新城はスキップして・・・最終戦のシロキヤに出場予定です。

今庄練習会 2011.9.18

近畿ダートラJr最終戦にA川インテでエントリーすることにしたので、今庄に練習しに行ってきた。
MT車に乗るのはほぼ1年ぶり、FFでダートを一生懸命走るのはほぼ15年ぶりなので、さすがにぶっつけ本番ではパフォーマンスを発揮できないと思い、A川選手と楽しく練習してきた次第である。

路面は前日の夕立によりセミウェットであったが、天気がいいためすぐにいい感じにドライになることが予想される。この日のエントリーは合計7台なので血反吐を吐くほど練習できる状況だった。

タイヤは数年前に購入したA031 7部山をチョイス。これが終わったら、本番用のA035で最後の仕上げとして練習をスタートした。

まずはA川選手の横乗り。VTECハエー!でもコース覚えなくちゃねということで3本ほどこの体制で様子見。
ドライバー交代してアタック。足を合わすとハンドルが異常に近くなってしまうので、コーナー途中での切り増しが難しい。まあ慣れるしかないねということで練習。また、2速のシフトダウンのタイミングが合わなくてこれも慣れが必要でがんばりましょう。

3本目くらいで車の動きが判ってきた。進入はちょっとアンダーがあるけど許容範囲。でもアクセルONでの巻き込み力がたらずに立ち上がりアンダーが消せない、コーナーリング中のハンドル切り増しに車が反応しない、というところが不満点。

A川に聞くとショックの4段調整をF2、R2に設定していつもこれで走っているとのこと。不満点を消すにはどうしたらいいのかは「知らない」と。
というわけで傾向を探るため、F1、R2で走る。思いっきり改悪方向。
次はF3、R2。おっ!初期アンダーが解消方向。アクセルONでの巻き込み力はもうひとつ。
次のF4、R2。初期の反応が鋭くなってバッチリ。クセルONでの巻き込み力もちょっと出てきた。
次はF4、R3。初期の反応は鈍くなった。2速後半から3速のコーナリングのスタビリティは増したけど低速のコーナーが走りにくい。
というわけでベストはF4、R2に決定。しかし、ちょっと油断したら思ったよりインによってしまい右フロントを土手に引っ掛けてしまった。右バンパー内にある吸気系のボックスを破損してしまった。
ここで午前中終了。

リフトを借りて修復を試みるもステイが完璧に破損してるので、修理不能と判断。
残暑厳しいので疲れている、2人ともすでに10本以上走った、これ以上壊したら本番で走れなくなる。
ということを鑑みてA031のまま2~3本で終わりにすることに決定。

ご飯のあと、パンパンの路面で2本走行して終了。
スポット参戦としてはいい感じに仕上がったから、本番では金を目指す!(エントリーするからには目標金が基本)
A川選手はオーナー殺しされないというのが目標らしく、それなら必然的に金しかないということである。

帰りは北陸道敦賀IC近所の日帰り温泉で大枚1000円でリフレッシュして、APYに車を預けて終了。

ひさしぶりに一生懸命走ったら、むちゃくちゃ楽しかった。A川選手ありがとう!

tada

2011.9.11 全日本ダートトライアル第7戦【シビックEK9】

 初出場の全日本ダートトライアルの参戦レポを書きます。

<練習>
 7月の地区戦より以降は仕事で身動きが取れず、全然走って無かったので、まずはダートの感覚をとり戻すべく輪番で休日の9月8日にAP今庄へ「こそ練」に行ってきました。天気も良く僅か3台の参加で、存分に練習することができました。
 この日の練習テーマは、「ダート感覚を取り戻す事」と「攻撃的ブレーキング」でした。最近の私の傾向は、タイムロスするのを嫌ってブレーキで向きを変える割合が減ってきた(≒突っ込みが足りてない)という感があったので、それを微妙に修正することが目標でした。
 久々の走行で最初はぎこちない運転でしたが、だんだんと慣れてタイムも短縮。ロスにならない程度のブレーキングドリを心がけ、朝一に比べて約2.5秒ほど詰めれました。その後、練習タイヤにしていた85Rの溝がついに無くなり、タイムも落ち込んだ所で本番用の87R(9分山)に交換。
 当然ですが、ブレーキの安定感やトラクションが向上しました。そして午後2時過ぎ頃、直線で3速へシフトアップした瞬間に右シャフトが破損。(インナー側のクロス形の部品が割れてました。)シャフト交換した後、駆動系の確認の為に1本だけ走ってこの日の練習は終了。
 ベストタイムは本番用の87Rではなく、練習用85R(1分山)だったのが気になったが、87Rを履きっぱなしで移動して少しでも山を減らして置けば本番当日はOKだろうと考えました。

<前日>
 私の勤務先は自動車部品を製造する会社なので、例に漏れず輪番操業してます。11日だけ年休を取得して、10日は普通に出勤しましたが、こういうときに限って忙しくなるもので・・。
 いつもより早く朝6時から出勤して、今日は定時で上がるぞ、と思っていたら突発業務であたふた。
 個人的な都合で日曜日に休ませて貰うので仕方ありません。しっかり業務をこなして家に帰ったら夜10時。でも早く床についてたとしても興奮してあまり眠れなかったので、結局同じ事でしたが・・。

<本番>
 3時起床、5時半現着、体調まずまず、天候はれ時々くもり、でした。
コース整備の方は、うわさ通りの超フラット&超硬質で、高い全日本のエントリー費でも納得する仕上がりでした。

(1本目)
 やっぱり超硬質路面はハイグリップで、浮き砂が在ってもかなりグリップしてました。

スタートから左ヘアピンは8日の練習成果でやや速めの進入速度。
ギャラリー前はμを探りながら走行。
シケインはまあまあ狙い通り。
奥の右コーナーではグリップを過信しすぎ、進入速度が高すぎてオーバー出してタイムロス。
外周には大きな石が出ていて高速S字は厳しいライン取りに。
まあ第2ヒートはチャンと走ろうと自分に言い聞かせ、ここでは無理せず安全運転。
ギャラ前の2回目は姿勢が遅れてインを空けてしまう。
シケインはうまく入れたが、出口でアクセルオンが遅れ、直線でタイムロス。
奥の右1は抑え過ぎ、右2はオーバースピードでタイムロス。
高速S字2回目も石注意で安全ライン。
杉Gコーナーは立ち上りギヤ抜け。
最終右は抑えすぎ。

 という内容でしたが、トップから1.8秒遅れの13台中の9位でした。

(2本目)
 先ほどのロスした所をしっかり頭に入れて、修正するべく出走。浮き砂が飛んでタイムアップ必至の状況でした。

ギャラリー前は全開で行けた。
シケインはまあまあ。
奥の右コーナーは侵入速度に気をつけてロス無く走行。
高速S字は全開で行けた。(いつもよりイン側が削られてた)
ギャラ前の2回目は遅れずに向きを変えて全開。
シケインはまた少しアクセルオンが遅れて、直線タイムロス。
奥の右1&右2は適正な速度でOK。
高速S字は全開。
杉Gコーナーはちょっと抑えすぎたかも。
最終右は速度を落とさず行けた。

 という、まずまずの内容で、タイムは2.3秒アップでした。一応走行順が早かったので再車検プールに呼んでもらえたので、続々と帰ってくる車を見せて貰いましたが、全車ことごとく91R系の超硬質用タイヤを履いて居られました。そして間もなくプール場から追い出され、最終的には10位、トップはDC5で私よりも2.7秒も速いタイムをたたき出されてました。

 今回走る前には、資金が無いので91Rを揃える事など全く考えられませんでした。しかし後になってみると多少は無理してでも91Rを準備しておくべきだったと後悔しています。91Rでのタイム差がどれだけあったのか推測することは出来ませんが・・・。

 これまで雲上の世界だと思っていた全日本が少し身近に感じることができました。しかし流石の全日本、選手層の厚さには驚かされました。しかも皆ものすごく速くて、タイム差の少ない息の詰まるような内容でした。シビックに乗り始めて2年の締めくくりに良い経験が出来て良かったです。ありがとうございました。(これからの活動計画は、諸般の事情を含めてじっくり考えます。)

Report:Masago

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。