TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモスダ-トトライアル秋 2011.9.24 インテR4ドア

今シーズンは特にダートラエントリーの予定なくすごしていたところに、A川選手から最終戦ダブルエントリーのお誘いが。2つ返事でOKして、前週に今庄練習もこなし、15年ぶりのFFだというのにやる気満タンで出場した近畿ダートラ最終戦。エントリーはJr SJ1クラス。狙うはもちろん金メダル!
はたして結果はこれいかに?!

コースコンディションは大方の予想通り、全日本の名残でパンパン。ところどころ盛り土で補修しているところがあるが、大きく荒れることはないであろう。心配事は散水の影響くらい、と思っていたら、朝の移動区間では雨が降ってるやん・・・。まあ、天気予報を信じとけば大丈夫でしょう。

1本目
やっぱりはじめての車は気負ってしまう。久々にドキドキ。とはいってもスピンとかなんかやらかさない自信はあるので、頭真っ白になるようなことはさすがにない。ちなみに朝の雨はすぐにやんで、お湿り程度で、路面はおおむねドライ。
スタート。1コーナーは無難に決めたけど、そこから先は、(後輪が駆動している車で)走りなれたコスモスパーク。進入はある程度アンダーが出るのは折込済でアクセルONでのオーバーをある程度期待した走りになっているから、全体的にアクセルが踏めなかったり、逆に思ったよりもブレーキでリアが出すぎてカウンターが中立位置よりも過ぎてしまう場面があったりとチグハグな走りであった。
結果1:41.384。トップとは約2秒差の5位。

完熟歩行
どうもパンパン路面に乗っている浮き砂利により、もうひとつグリップ感が薄い。まあ、2本目でちょっとはマシになっていると思い込み、それよりもFFの理想の走りにすべく、1本目のフィードバックを脳内シミュレーション・・・ってできないよね。インテ用のイメージデータ頭の中にないから。2本目は出たとこ勝負で致命傷となるようなアンダー/オーバーは避けるべく、でも目標は大きく37秒台にて設定。

2本目
さあスタート。全体的にちょっと頭を入れすぎてアクセルONが遅れているような雰囲気。まあ理想の走りには程遠いけど、致命傷はないよね的な走りでゴール。1:39.750。目標には届かなかったけど、まあこんなもんか、でも、もうちょっとコーナー中にアクセル踏んで加速させる走りをして38秒台には入れたかったというところ。

2本目車載

僕はスポット参戦なので、SJ1の1番手。台数全部で15台。2本目走り終わった時点で2位のタイム。金はだめなの確定だけど、メダルの目はある・・・けどさすがにシリーズポイント持ってる後ろゼッケンの人たちはタイム挙げて黒だろうと思いつつ、期待と不安の入り混じった気持ちで皇族選手の走りを眺める。
ダブルのA川選手の2本目はといえば、1本目に比べてよくはなってるけど、コーナー立ち上がりで車を加速させることがイマイチできておらず、僕の勝ち。
ゼッケンが進んで後続にくるとやはりタイムがあがってくるが、アナウンスされるタイムは同じ39秒台で微妙に抜かれていく。で、結局5位になった。メダル逃して残念。1~6位までは39秒台でかなりの接戦で、この結果は微妙に悔しいものとなった。といっても、スポット参戦で表彰受けれたので上出来といえるのではないだろうか。
これもダブルエントリーを誘ってくれたA川選手のおかげ。楽しい週末を過ごすことができました。
ありがとう!

tada
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。