TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.04 PTGノーマルカー4時間耐久レース 今庄

パームタウンガレージ主催のノーマルカー4時間耐久レースに参戦した。

オートパーク今庄オーナーにつなP経由で声をかけられ、コスモスパークにJAFカップダートラを見に行くつもりだったが、こっちのほうが面白そうだったのでつなPの誘いにありがたくのることにしたのだ。

我々の車は今庄オーナーが準備したEP91スターレット。
チームメイトは中部地区ダートラで名をはせる、T氏、S氏、K氏、そしてつなPと私の5人だ。ノーマルカー耐久レースはT氏が過去1回参戦したことがあるのみでその他の人間は初体験だったが、いずれもグラベルドライビングスキルは十分そうである。
今庄チームはもう一チームあり、そちらはダート初心者の3人を交えたチームである。

耐久レースのルールとしては、ピットインの規定回数は8回以上。ピットではバック禁止(必要ある場合は手で押して)。以外は普通のルール。このピット回数の戦略が勝負のひとつの鍵となるのではないか、とあとで思いついたがまああとの祭りよね。

コースはレースなので周回路となるが、ちょっと抜きどころがなさそうな設定。ダートの場合、どうしてもコーナー外側は掃けた土が乗るから抜き差しってのは難しいと思うんだけど、コースにアップダウンがあればそれもちょっと様子が変わるのかなと思う。今庄オーナーはコース設定次第で変わるよともおっしゃってました。

我々のチーム戦略はなし。T氏を除き全員初めてだから戦略立てようないし。とりあえず、みんな乗れるように一人だいたい20分程度でドラ交代をまわしていけば、ピット回数10回でちょうど終わるよねということでオープナーをT氏としてあとはおいうえお順で出走することに。

スタートはフライングスタートでゼッケン順にならんでスタートなのだが・・・開会式終了後、車両チェックしていたらウォッシャーがでないことが発覚!路面は前日の雨でウェット状態でこれはつらいということで色々確認しているうちにあっという間にスタート時間が来て、ウォッシャーないまま慌ててドライバーが乗り込んでオープニングラップに向かうも、結局最後尾スタートになってしまった。で、本来ならば我々の後ろに来るはずだったグラベルドライビング初心者2台が前に入ってしまい、2台を抜かす間の数ラップはT氏本来のペースからかなり遅い走行となってしまった。それをパスしたのちはいいペースで周回を重ねていたが、今庄オーナーから「あの車ガード付いてないから気をつけてね」の驚愕の一言が。というわけでイン側の溝にはめないようにチームオーダーを発令。

ドライバーはT氏→K氏→S氏とすすみ、どなたも危なげなくいいペースで走行。しかし、シリーズを追っている上位陣と比べるとちょっと遅いのはしかたなしか?どうもパワー的に負けている感じだ。

というわけで私の1回目の走行準備を始める。しかし、前のS氏に発報したチーム無線を聞き間違えてS氏が10分早く入ってきた!慌てて準備してコースイン。ひさびさのレーシングスピードでコースと車に慣れるまでは様子見・・・してる暇なんかなく前が詰まって後ろから早い車が来て、頭で考えるよりも、体を動かせ!ということでがむしゃらモードで走行を続ける。と、しばらくしたらようやく前の車を抜くことができて、今度は後ろから突っつかれる羽目に。一生懸命逃げてたら、思わずオーバースピードでコーナーに入ってしまい抜かれてしまった。
そんなこんなやっているうちに無線でピットイン指示が。どうやらドライブスルーペナルティを食らったらしい。前走者のS氏がピットイン時にみんな慌てていたため、ピット内でバックしてしまったとのこと。
その後は大過なく走行を重ね、つなPにバトンタッチ。この時点で思ったが、我がチームはドライバーのダート走行スキルが高いので、きちんとした車に綿密な戦略を立てれば間違いなく上位に食い込める。そんな感じで2順目も順調に走行を重ね、私の2回目の走行。
走行を始めて中盤くらいでゼッケン8番スターレット(シリーズレギュラー)がコーナー途中で止まっていた。結構前からフロントの足回りにトラブルを抱えていたようで、ついにギブアップしたのか?セイフティーカー導入後、再スタート。再スタート時、私は隊列の後ろから2番目だった。そしてしばらく周回を重ねたら、ストレートエンドでインに引っ掛けたゼッケン1番サイノス(シリーズレギュラー)が転倒。赤旗停止ののち、セイフティーカー導入。隊列の2番目だ。再スタート後、3週くらいでピットインしてドライバー交代した。

レースは4時間を迎え、終了。我々の今庄スターレットチームは、上位陣のリタイアが多かったため、なんと5位/10台中。表彰されてしまった。
次も同じメンバーなら、ちゃんとした戦略を立てれば3位以内は狙えそうだなと思いつつ、今庄オーナーに感謝して本参戦記を締めくくりたい。

tada

201211imajo
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。