TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月6日 JMRC近畿ジュニア戦 第5戦 ダッシュ・トライアル

天気:晴れ
路面:ドライ


梅雨時だから雨かなと思った第5戦は晴れました。が、風がないから蒸しっと暑い。そんな中でのダートラとなりました。路面状態はドライ。今シーズンになって、路面整備がきっちり実施されるようになったから1本目はスリッパリーな状態。路面が掃けた2本目勝負は必須である。

コースはどこかで見たことあるようなコース。そんなコースに加えて暑いから、朝の慣熟歩行は1本で終了。2本目勝負なのでリラックスして望む。


1本目
案の定スリッパリー。ドリフトし放題。トップと4秒差の1'37.307。


昼の慣熟歩行はもちろんポールポジションで望む。が、やっぱり暑いから1本しか歩く気力が湧かなかった。2本目は路面で4秒、走りで3秒の7秒アップをターゲットタイムに設定した。これなら金メダル争いに絡めるはずだ。
慣熟歩行を終えて、参加賞の弁当を取りに行くところでトラブル発生。パドックを共にするぐっさん選手が土手でスリップして転倒。腕と脚をすりむいて出血してしまう。また、間の悪い事にルーツがラーリ選手であるはずのぐっさん選手は、救急セットをつんでいなかった。とりあえずどっかから賞味期限の怪しい救急セットを借りてきて応急手当。しかし、ラーリでこんな小手先の救急セットなんて使うことあるのだろうか・・・。


2本目
闘争心を燃やせ!気合を入れて望んだが、どうも空気合だったようで走りに生彩を欠いている感触でなんとゴールまで走りきってしまった。これはあまりタイム出ていないと思ったら、そう落胆するほどのタイムではなかった。約4秒のタイムアップ。1'32.975、4位。トップとは3秒差。走りの3秒が足りなかったようだ。0.4秒速ければ2位だった。


今回の結果は、空気合のせいなのでタラレバはないけど、反省としては闘争心ではないだろうか。スタート地点についたときにはアイスクールな平常心を熱く包み込む闘争心を見につけなければならないと思った次第である。


tada
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/22-1001f754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。