TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年3月16日 チャンピオン戦第1戦サファリ

 ついに2008年シーズン開幕です。シーズンオフから車もメンテして万全の体制で望みました。(予想外の出費やったけど)
 朝から真冬のような寒さの中、準備した。今回は車検を全て終了させてから完熟歩行だった。ちょっと時間が空いて暇だったし、寒かったので早く歩きたかった。
 コースは順走、ショートカットを組み合わせ、テクニカルながらもハイスピードな設定。直線につながるコーナーの立ち上がりがポイントになりそう。
 ジュニア戦が始まり、ライン上は固い路面が顔を出し、完全にレコードラインが決まり、ラインを外すとタイムは落とすわ、ギャラリーに迷惑かかるわ、いいことなし。
 チャンピオン戦の面々が走りだすとタイムがガンガン上がってくる。
 ついに1本目、全体的にアンダー。特に進入が曲がらないが良い感じで走れたと思う。
 久しぶりにとくアナの「ベストタイム更新!」を自分の車で聞いた。でも走りの内容からしてAPU代表にちぎられると思いきや、1本目はトップタイムで終了。まあ、コンマ1秒も差なかったし。
 昼の完熟、路面はかなり捌けて荒れもほとんどなし。APU代表と歩きながら相談してると、もうタイヤはA036で行くべき状況。昼飯食べてタイヤを交換した。
 2本目が始まると、ジュニア戦から軒並みタイムアップしている。チャンピオン戦の方も同じく、みんなタイムを上げてくる。
 S3クラスも1本目のベストタイムを更新され、タイムアップしないと順位はガタ落ち。そんな中、タイヤのことは気にせず、自分の走りをするだけとスタート前自分に言い聞かせる。(036はほとんどまともに履いたことがない)
 そしてスタート。1コーナーは相変わらすドアンダー。2コーナーへのアプローチ、異常にブレーキとハンドルが利いた。さすが036と思いながら奥のコーナーへ全開で行く。(後で3速で行けたなと思った)一番奥で進入オーバーが出てクリップ付近で切り込み直し、出口オーバー。これじゃタイム出ん!そこからは気を取り直し、1本目と同じイメージでOK。ギャラリー前を抜け右コーナーから本道へ合流。この右は進入がうっすら曲がってからタイトゥンで本道へ戻るが、このうっすらコーナーを3速全開のまま入ったらブレーキが間に合わずひたすらオーバーラン。最終ヘアピンはうまくまとめてゴール。タイムは現時点で2番手。そして最終APU代表にぶっちぎられ結局3位。
200803161539000.jpg

 今回久しぶりに自分らしく走ることができ、とっても満足し、そして自信になった。あと、A036はスピードのノリがよく、ブレーキがよく利いた。収穫です。
 今シーズンこの調子で頑張っていきたいと思う。何より、まともに完走できたのって、いつぶりかな・・・?

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/25-96343101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。