TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年4月6日 チャンピオン戦第2戦AGSC

 今年唯一、そして最後かもしれない坂下に行ってきました。
 コースはパイロンを適宜使った低速コース。もっと豪快でハイスピードな設定を期待してたのに残念。
 まずはタイヤをどうしようか迷ってた。みんなあたりまえのようにウェット用を履いている。ドライを履いているのは自分を含め2,3台だけ。しばらくジュニア戦での路面を見ていたが、どう見てもザクザク路面は改善されそうにないので1本目はA031でいくことにした。
 スタートして1コーナーでちょっと行き過ぎたが何とか修正、テーブルトップの右はアクセルコントロールしながらクリア。再び下ってS字風に右左と切り返す。この左で失速気味になったので1速に入れて立ち上がり、次の左パイロンをサイド引いて向きを変える・・・はずが不発。アンダーで次のラインが厳しくなった。上りに向かうラインはギャップが多く、一回アクセルを合わせてストレートを抜け右へ。林道下りは進入押さえすぎ。車載で見たら一旦停止のよう。最後のスラローム大会はサイドを使い普通にクリアしてゴール。そこそこ走れた感があり、タイムはその時点でベストタイム。そして最終的に第1戦と同様、1本目トップで終了。
 昼の完熟歩行でタイヤをどうしようか確認する。APU代表や○山君と話をしながらあーやこーや議論する。結論的に035で行くことにした。2本目きっちり走らないと一気に下位に転落するため、タイヤをドライにして逃げる作戦。坂下では賭けのタイヤかな?何故ってドライタイヤ履いているのはわずか2,3台なんやもん。
 そして2本目、早速トップタイムが更新されていく。しかしまだコンマ秒差、ドライタイヤできっちり走れば十分逆転可能と思いながら気合いを入れてスタート。1コーナーでターンインのタイミングを取れず、インに刺さりそうになりハンドルを戻してまた切り込む。それじゃあ曲がるはずもなくドアンダー。次の右で荷重を振り返し気味に入るとものすごくグリップして痛恨のパイロンタッチ。スタートして1~2コーナーでリズムを崩してヘロヘロアタック(*_*)下ってS字の進入、ギャップで飛んだら目の前にパイロンが飛び込んできたがこれは何とかよけれた。上がって右もタイミングがとれない。林道下りは1本目より突っ込んでいったがまだ足りない。最後のスラはまたも普通にゴール。PT1のためもちろんタイムダウン。タラレバでもタイムダウン。クラス4位でした。
 後でじっくり車載を見たら、完全にタイムアップできていた。(と思いたい)
 次はコスモス。しっかり自分の走りができるよう練習していきたいと思う。
 今回ファイナリスト勢が俺とM5しかいなくてちょっと淋しかったけど次回はみんなでわいわいいきたいもんです。
車載動画はこちら

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/26-601640d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。