TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 オールスターラリーin四国 参戦記

2008 オールスターラリーin四国 参戦記  2008.11.15~16
愛媛県 久万高原町  主催:松山オートクラブ(MAC)

今年はMOREラリーが無い・・・ということで
オールスターラリーに出場してみました。
今年の運転手はこれでオシマイです。
振り返ってみると・・・スノー、舗装、そして今回のダートと
3戦とも異なるサーフェイスでした。
ラリードライバーとしては、良い事ではないかと思ったり。

さて、今回の移動はやはりフェリーで。
ナビの大田選手とは、六甲アイランドのフェリー乗り場で合流。
翌早朝に今治港に到着して一路久万高原を目指す。

四国のダートラリーは完走率0%を誇る私ですが、
MAC主催のラリーは、何かと良い思い出があります。
地区戦レベルでSSベストを出したのはここですし、
ナビで出ても良い成績。

レキ無しの設定でしたが、
実際はつなぎ区間としてレキが設定されていました。
設定は
1ステ:
SS1~3レキx2回→SS1→SS4,6,8 レキ→SS5,7レキ→
SS2→SS4,6,8 レキ→SS5,7レキ→SS3
サービスを挟んで
2ステから残りのナイトのSS4~8をこなすというサクサクラリー。

DSCN0518a.jpg
スタート前


まずはレキをこなしてSS1。
DSCN0519a.jpg
SS1スタート前

スキー場の作業道とゲレンデを利用した1km強のギャラリーステージ。
作業道は舗装、途中からダートになり、ゲレンデ内に設定されたコースを回るコース。
今回の0カーはトシアライ選手。
当たり前ですが、速いです。。。

1本目なので慎重に行く。
特に舗装からダートに変わる箇所はヌタヌタなのでアウト側で待っているコンクリートブロックと
お友達にならないようにべた押さえ。
そこからも全体的に砂利やら泥やらでスリッパリー。
ゲレンデ内の左の下りコーナーで早めにインに向いたら、視界の端に
MAC名物トリコロールカラードラム缶が・・・
気にせず踏んでいったら、ドラム缶が数本飛んでいきました。
2008AllStar0003s.jpg2008AllStar0005s.jpg2008AllStar0007s.jpg2008AllStar0009s.jpg
特に問題なくフィニッシュ。 でも、かなり遅いタイムの模様。
ドラム缶タッチのペナルティは無し。
マシンの損害は補助灯を1個破壊のみ。
ダメもとで一応ランプポッドを持ってきて良かった。

気を取り直して、レキに向かう。
SS4,6,8は下りの砂利大目で結構スリッパリー。
でも、リズムは良くこういうコースは好みです。
やる気が出てきました。
SS5,7はもっと低速で路面はより硬質で岩が多い。
ただし、所々赤土が入っていて、要注意。

そしてSS2。
先ほどより頑張っていくが、ダート区間で
飛距離と舵角ばかりがついて2秒もタイムが落ちる・・・
もっと自重しないと。

再びSS4以降のレキ。
先ほどよりペースを上げて感触を確かめる。
やはり中々楽しそうなコース。
ここは全て走らないと悔いが残りそうだ。

最後のギャラリーステージSS3。
先ほどの失敗を反映してダート区間は自重気味でおとなしく。
タイムは・・・さっきよりましだがSS1と同タイム・・・
もう1ステは忘れよう。

ここでサービス。
壊れたバンパーの補助灯を取り外して、ランプポッドを装着。
暖かい食事を頂いていよいよ本番のナイトステージに向かう。

SS前にランプポッドの光軸をコースに合わせて調整。
かなり良い感じ。光軸の調整って大事ですね。

早速SS4。
テンポの良い下りでやはり気持ち良いコース。
コース幅もそこそこ広いので、進入の姿勢作りもラクチン。
ただ、砂利が多いせいか、トラクションが掛かっていない気が。
路面の良い箇所を掴めた時は前に出るけども、
大抵は立ち上がりでもたついたり、暴れて踏めない状況になったり。
そうこうしながら危ない状況も無く淡々を走っていた時、
R2のコーナーで轍に引っかかりスピン!
普通なら、そのままインカットして立ち上がるのだが、
イン側には巨大なコンクリート溝が・・・
やむなく今日1回目の禁断の6速を使用。つまらないミス・・・
その後はそつなくフィニッシュ。 

続いてSS5。
こちらは、ギャップやグレーチングがあったりして
壊さないように要注意。また、赤土トラップにも注意。
淡々と走って、何事も無くフィニッシュ。

再びSS6。ぽつぽつ雨が降ってくる。
兎に角、つまらないミスをしないように、
また路面を良く見て走ることを意識する。
そこまでは良かったのに・・・
フィニッシュまでもう少しのL4lg> → JR2 
その進入でで先ほどは無かったフラッシュの嵐が!これは!
自然と舵角とアクセル開度が大きくなっていたのでしょう。
左を向いたまま、戻ってきませんでした。
そのままジャンクションを左折。そっちじゃないよ。
切り返しに手間取り大幅タイムロス・・・何やってんの!
その間も容赦無く浴びせられるフラッシュ・・・

意気消沈しならがらも、SS7に向かう。
まだラリーは終っていないのです。
ところが・・・
どーもコースアウト車が何台か出ているようで、止まっている模様。
そして、SS8キャンセルのお知らせが。
最重要イベント「宴」の進行が最優先ですね。
ま、そうしてSS7が最終SSとなり、最後くらい良い所をと思う。
しかし、先ほどより雨足が強まり、十分注意しないこちらも
コースアウトの危険が。
そしてSS7スタート。
岩の多い箇所はそれほど問題ないが、赤土箇所はベリースリッパリー。
一箇所ノートの聞き違いで突っ込みかけたものの、
あとはソツなくフィニッシュ。 一応、悪条件の中タイムアップ。 
そして無事完走・・・と思ったら、リアから異音が。
とりあえず走るので、そのままゴール会場へ。
(結局、リアのドライブシャフトがお亡くなりの模様)
ともかく完走となりました。
DSCN0523b.jpg


順位は・・・
C1クラス(リストリクタ付2Lターボクラス)出走17台、完走16台、16位!
初めてとりました。
ま、今までのリタイアより一歩だけ前進、でしょうか。
本当にダートはかなり精進しなければ・・・

さて、来年はMOREラリーがオールスターラリーとなります。
次回はより良い成績を目指したいところです。
来年は早速嬬恋ラリーから始動の予定。
こっちもリベンジです。

Oはし
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/32-aef1a034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。