TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29回 神大ラリー 参戦記

第29回 神大ラリー 参戦記  
2008.8 30~31
JAF中部・近畿ラリー選手権 第2戦
JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ 第1戦
兵庫県 主催:神大自動車部

8月末にしてようやく近畿での地区戦1戦目となる神大ラリー。
前回に引き続きナビで荒井選手とのペア。
ANDでは終盤良い感じだったので、今回は出だしから
ペースを上げていきたい所。

今回は同じSSは一度も無いという豪華内容。
1ステ
SS1 T木ダム
SS2 A倉
SS3 K川ダム
SS4 G山
セクション2
SS4 M高原登り
SS5 O田ダム下り
SS6 M高原下り
という走り応えのある構成。ま、K川はちょっとアレですけど。
おかげでレキはかなり遅くまでかかりました。

例年どおり、銀山をスタートしてSS1に向かう。
SS1。
スタート直後の高速区間を丁寧に走りきり、くねくね区間へ。
あまり泥も出ておず、出だしとしては良い感触でフィニッシュ!
タイムは・・・某スターレットにぶっちぎられた・・・
が、セカンドベストは確保した模様。

SS2。
前半、中盤は良い感じで踏めていたが、灯篭あたりからリズムが狂う。
更に神社を過ぎたあたりからは、ノートが合わない。
そしてフィニッシュ。タイムはそれほど悪くはないけれど

SS3。
ここがいつも通り勝負所になると思われ。
特に気合を入れていく。
スタート! 数コーナー後に眩しい光が!
どうも某番組の取材クルー。想像以上に眩しい。
が、その時とてつも無い事が起こっていた訳で。
ドラ「ブレーキが利かない!」
もうフェード?と最初はすっ呆けた事を思った訳で。
ドラ「何かペダルの下に!」
???
まあ、そういう事もあるでしょう。仕方が無い。
意識を乱さぬようにノートを読み続ける。
ドラ「××××××!」
何か言ってるけど気にせずノートを読む。
そうするうちに、なんだか甘い香りが。
・・・ああブル臭ですね。でも何で?
その0.01秒後に全てを把握した私。

そうです。ドラシートの後ろに置いてあったナビかばん、
その中に入っていた赤牛くんがブレーキングで
ドラの足元まで飛んでいったようです。
ベルクロのサイドポケットに入れたのが間違いだった訳で。

しかし、今そんな事を悔やんでも仕方が無い。
真実を知ってしまった動揺を抑えて、ノート読みを続ける。
今できるのは、確実なノートリーディングで、少しでもロスを抑えて
フィニッシュまで導くこと・・・。

後半は、路面は更に狭くスリッパリーになるものの
特にミスなくなんとかフィニッシュ!

・ ・・ごめんなさいごめんなさいごめんなさい(×100)・・・
という気分で、真実を告白。
そりゃ、怒りますよね。誰でも。
実際は赤牛だけでなく、PETボトルも飛んでいってたのです。
さすがにそちらは割れず、フィニッシュまで足元をコロコロと。
が、タイムはなんとセカンドベスト!!!
とは言っても、例のトップとはキロ3秒近く離されている訳で。
他はことごとく、突っ込んだりスピンしたりでロスしている模様。
これは塞翁が馬、というヤツでしょうか。
どうも神大ラリーは、足元に何か転がってくる縁があるようです。
実は数年前にドライバーしていた時にもG山で同じ事が・・・
でも、その時も意外とタイムが良かったのです。

さて続くSS4はそのG山。
先ほどの鬱憤を晴らすべく激走!を目指したのですが、
稼ぎどころの高速コーナーで踏み切れていない・・・
ノートのコーナー長さ指示が良くないのかなぁ。

ここで1ステ終了。
順位は・・・1位は置いといて・・・2位に3秒差の3位。
2位は前戦AND終盤鍔迫り合いとなった安江/赤坂組ミラージュ。
今回も良い勝負ができそう。ワクテカ
しかも、1位はどうも駆動系のトラブルが出ていて、完走すら怪しい状況。
この状況なら優勝もありえる・・・ワクワクテカテカ

まずは、SS5。
兎に角失速しないようにラインはめいっぱいで踏みまくるよう指示。
結果は、1秒詰める。キタキタ
トップも大量にアドバンテージを吐き出している模様。

続いてSS6。
イケイケドンドンのこのコース。気合の勝負。
が、正直これではちょっと・・・という感じ。
T山選手の怒涛の下りのイメージのせいかな、とも思うが
結果はやはり4秒離されている・・・。
しかも、某スターレットもトップの1秒落ちで走りきっている。
繋ぎ区間の登りでも止まりそうだったのに・・・下りは速い!

SS7前に少し待ちがあり、作戦を考える。
6秒差・・・何時に無く大きく感じる・・・
キロ1秒近く離さないと勝てない・・・
兎に角全開アタックで行くとする。結果は後から付いて来る!
そして齢を一つ重ねた事にその時気がつきました・・・。
DSCN0512.jpg
SS7前・・・

ドライバーも良く頑張って走りました。
勿論、まだイケルと思う所もありましたが、
かなり詰めた走りだったと思います。
会心の走りでフィニッシュ!
そして後方ゼッケン、安江/赤坂組ミラージュの笛の音を待つ。
・・・
・・・
「ピッー」
笛の音が聞こえてくる・・・いいところ4秒勝ち・・・。
逆転はならず・・・。
しかし、前戦に引き続き秒差のバトルになり満足。
そして充実感に満たされフィニッシュに向かい長いラリーも終わりました。

そして暫定発表。
・・・
2位!?
何が?
安江/赤坂組にペナルティ10が課せられている・・・。

どうも、最終SSでフライングを取られた模様。
最後までプレッシャーを掛け続けたのが通じたのか。
とにかく、最後は劇的な逆転で2位!
更に最終SSはBEST!
優勝は逃したものの、充実したラリーとなりました。

結果:DE-Bクラス 2位/18台
結果はこちら
DSCN0513s.jpg

Oはし

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/36-84fba796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。