TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年2月22日 チャンピオン戦第1戦 フリート

今年は例年になく早い開幕戦、坂下から始まった。今年からクラス区分がS3からS2へ変更になったが、車種は変わらす。
 そして坂下は昨年閉鎖の危機に追い込まれながらも、営業を続行。コースが広場のパイロンコースから島周りコースに変わった。とはいえ、パイロンが島になっただけで基本的なコースレイアウトは全く変わらない。
 エントリーは昨年チャンピオン不在でこりゃ勝っておかないといかんと自分にプレッシャーがかかる。コースはスタートしてテープルトップに上がり、林道を下る。そこからもう一度上を回って最後は島をシケイン状にクリアしてゴール。例年の最終パイロンスラがなくてよかった。(あれ面白くないし)
 チャンピオン戦からスタートすることで1本目はA031、ショックは前1段、リア2段柔らかくセッティング。いきなり1コーナーでオーバースピード。テープルトップは路面がガタガタでアウトに吹っ飛びながらクリア。林道は攻めたら危ないので押さえていくが、それでもドアンダー。A031の舗装グリップは全くダメだ。そしてもう一度坂を上がる右でインに刺さるかなと思ったら車がスライドしてくれて助かった。坂を上がって島の左でまたもドアンダー。登りからいきなりフラットになるので荷重が抜けてしまった。もっと押さえなければ。最後に林道を下ってシケインの進入でもたつきながら切り返してゴール。タイムは2位を2秒以上ちぎってのトップタイム。
 2本目は完熟をしながらA035で行くことにした。ギャップが多いのと固いところが見え始めていたため。ちょっとリスクがあるけど。
 やはりテープルトップの荒れ方は半端じゃなくもう押さえて入るしかなかった。そこからはA035がグリップしてくれる。しかし、坂を上がって島の左でまたもやドアンダー。曲がらない!また交差するラインはギャップで車がジャンプするほど掘れてた。あとは無難にゴール。結局コンマ7秒のタイムダウン。後で車載見たら結構失敗してるけど車速は乗ってる。きっちり走ったらタイムアップしたかも。(微妙やけど)最終的にほとんどみんなタイムアップせずで1本目のタイムで優勝しました。

DSCN0297.jpg

 またジュニア戦ではWRCコドラ選手とM5選手も表彰されました。
DSCN0300.jpg
DSCN0301.jpg

今回はtada選手や最速選手、A川選手がいなくてファイナリストとしても寂しかったですが、例年坂下での試合はこんなもん。次回のコスモスはたくさんエントリーすることでしょう。

DSCN0245.jpg
うちの家族も来てました。奥で走っているのはF塾長ランサーです。

DSCN0247.jpg
こんな事件もありました。もう1台の黄色いインプレッサはエエ勢いでコケてかなりダメージ大でした。

F塾長車載映像はこちら

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/41-35ce1cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。