TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月21日 チャンピオン戦第5戦 サンダース

 今回は梅雨の時期とあって、天気予報は雨。そして予想通り前日から大雨だった。まずは持って行くタイヤを選択。状況から見てA031と035を準備していく。

 朝起きたらこれまた大雨。コスモスパークに着いたら小雨になっていた。これで準備はやりやすい。

 受付したらコースが前戦と全く同じ。違うといえば出走順がチャンピオン戦からスタートすることくらい。シーズン中に同じコースがあるのはまあよいとして、2戦連続同じコースはちょっと残念。

 朝の完熟はぐちゃぐちゃのヘビーウェット。ここで悩みが・・・。3部山のボロボロ031か、8部山の035かどっちのタイヤで行こうかと。いろいろ話をしていたらやっぱ035でしょということでタイヤは決定。

 1走目が走り始めて状況を見ていると、とんでもないウェット状態。これは完全に2本目勝負になりそうだ。この展開は前戦と同じだ。

 そして1本目。ACDはSNOWにセット。スタートして奥のコーナーまでのストレートがとてもまともに踏める状況ではなかった。とりあえずコースアウトしないようにまっすぐ走るのが精一杯。コーナーに入っても姿勢を作ってからフロントがグリップしないのでサイドでごまかす。メインのストレートでギャップを避けようとちょっと車を動かしたらもう止まらない。ギャラリー前までタコ踊り状態。そのままフェイントで姿勢を変えたら全然グリップしない。1速に入れて立ち上がり、本道に合流しようとしたとき、赤旗が振られていた。どうやら光電管のトラブルで計測ミスがあったみたい。

 再出走ということでさっきの走りを分析して修正するイメージをしていく。しかし、暑い!待っている間ぐっさん選手に恵みの風を送ってもらいながら待機する。

 そして再スタート。いきなり1コーナーでドアンダー、アウト側のたんぼにつかまり大失速。その後は1本目のイメージを修正していくが、今度は姿勢が決まってから大オーバーステア。後半は進入で全く曲がらない大アンダーステア。とりあえずフラフラでゴール、タイムは4番手。あれで?と思える順位だが、ドライタイヤの限界でしょう。

 ジュニア戦が始まる頃にはかなりの日差し。ついに砂埃がたつようになってきた。そして昼の完熟にはもうかんかん照り。間違いなく2本目勝負だ。

 2本目はACDをGRAVELにセット。
 
 そしてスタート!いきなり1コーナー立ち上がりで大オーバー。失速して1速入れ直し。もう一度気を持ち直して走る。折り返しのヘアピン、前回ダートラ人生が終わりそうになったコーナーでまたもインリフト。どうやらギャップに引っかかったみたいだ。必死でハンドルをグルグル回して立て直す。そして奥の高速左コーナー。もうタイヤがタレているようなズルズル感が出ている。メインストレートは4速に入りギャラリー前へ。何とか2速でクリアし、本道に合流する。いつもここはドアンダーが出るので早めに向きを変えて1速で立ち上がる。うまくいったと思った次の瞬間、あっという間にスピン。訳も分からずそのままリタイヤ。当然1本目のタイムで沈没。11位でした。

 ま、こんな時もあるわ。次、頑張ります。

F塾長車載映像はこちら

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/59-1bf2eb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。