TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年7月19日 チャンピオン戦第6戦 フリート

 今回は事前にフロントデフをOHし、APYリセッティングが施され、今までオーバーステアだった対策もして(といってもリアショックを2段固めただけですが)、タイヤも夏使用のA035Mコンパウンドを投入して、万全の体制で臨んだ。あとはドライバー次第?
 天候は1週間前から週間天気を日々チェックしていたが、コロコロ変っているのを見るだけでした。前日は念のためA031とA036を持って行った。
 朝から雨が降ったりやんだりのややこしい天気。コースは今までにない豪快な超高速コース。
 まず1本目はA035で行く。まあ、1本目の選択肢はこれしかなかったけど。
 スタートしてヘアピンは無難にクリア。直線から右高速コーナーでいきなり突っ込みすぎて危なかった。何とか横向けて2速に落として壁に当たらずに済んだ。その後あまり通ったことのない杉Gコーナーからギャラ前へショートカット。そこから真ん中のストレートへつながるS字で大オーバーが出て失速、痛恨の1速入れ直し。最終コーナーは相変わらずドアンダーで1速で抜けてゴール。
 タイムは2位だった。トップとは0.8秒くらい開いている。3位とは一瞬の差。これは白熱の2本目勝負になりそうだ。といっても天候次第のところがあり、タイヤ選択に悩まされる。
 また、フロントデフの効果がきっちり体感でき、今まで通り攻めてもオーバーにならない。前が引っ張っていってくれる。これはドライバーとしてありがたいと共にもう少しドライバーががんばらないといけない。
 昼の完熟、路面は完全にA036が使える路面になっている。あとは天候がどうなるか。
 しかし雨がパラリと落ちてくることがあり、タイヤを半分変えたところで元に戻そうとしたが、結局036に交換。よくよく考えたら勝負せな優勝できひんもんな。雨降ったら1本目のタイムやし。
 APU代表と036についていろいろアドバイスをもらったり一緒に考えたりしながら、自分なりにタイヤに合わせた走りをやってみようとイメージして2本目に臨む。
 2本目はかなり考えながら走った。いつもならアングルをつけるところも気持ち押さえながらフロントのグリップを最大限に使い、直線に向けてオーバーを出さないようにアクセルをコントロールしていった。車の動きを感じながらものすごく丁寧に走ったところ、タイムは3番手。APU代表に1秒ぶっちぎられてしまった。

 外から見てた感じは・・・○山君「探りが多くて進入に躊躇が見られます」、Y本さん「036の使い方がAPU代表との違いかな」といろいろアドバイスをもらいました。

 今回はA036をきっちり使うためのいい勉強になりました。逆にこの状況になってよく自滅していたのが、何とか表彰台をゲットできたということの方が収穫でしょうか。
 残り2戦、いい結果が出るようにできる限りのことはやっていきたいと思います。

 今回は車載カメラを忘れたので車載映像はありません。期待された方(いるかな?)すいません。

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/68-545d0b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。