TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月23日 チャンピオン戦第7戦 シンフォニー

 真夏のコスモス、ダートラに行ってきました。この時期に開催されるのは珍しいですね。
 コースは昨年のシンフォニーとよく似たコースで、前半高速、後半テクニカルとメリハリのきいた設定でした。前半のポイントは1コーナーと杉Gコーナーから真ん中のストレートに抜ける切り返し部分、後半は砂埃で自分の進路が見えるかどうかでした。(だと思っている)
 今回もチャンピオン戦からスタートで、路面は超ダスティ。ほんま見えない。
 1本目のタイヤはA035で行く。全体的に滑りやすく、トラクションがかからない。とりあえず前に行かずひたすら横にドリフトするような感じでした。できるだけインを離さないようにアクセルコントロールしてラインを守ろうとするもどんどんインから離れていくのでとてもストレスがたまりました。
 タイムはトップとコンマ差の2番手。それなりにタイムは出ているが今一納得のいかない走り。2本目に向けてイメージを練り直す。
 あとは天候がどうなるか。この日は真夏らしくなくどんよりとしていて日差しもあまりないため、散水が乾ききらないのと路面が思ったより捌けない。昼の完熟でもA036を履くかどうかでAPU代表と歩きながら悩んでいた。ま、A036で勝負かけるしかないねということで、完熟終了後タイヤ交換をした。
 昼からチャンピオン戦がスタートしてやはり路面が良くなってどんどんタイムアップしている。ランサークラスになると、埃がひどく主催者の配慮で1台ずつのアタックになっていた。順番待ちで全員のタイムがしっかり聞こえてくる。ますます気合いが入るが、気負わないよう自分の走りができるように集中する。
 そして2本目、1コーナーはサイドでクリア。杉Gコーナーはリアを流さないように3速で丁寧に、早めのアクセルオンで抜ける。一番奥の左ヘアピンは少しストール気味になってしまったが、きっちりトラクションをかけてギャラリー前へ。ここまでの中間タイムはトップタイム。ギャラ前はアクションを起こすタイミングがちょっと遅かった。何とか立ち上がりにラインを合わせられた。最終手前のギャラ前はドアンダー、最終ヘアピンは横に流れてアウトに逃げてしまったが、もう全開のままゴール。タイムはよく聞こえなかったが、パドックに戻ってAPU代表に「トップタイムやで」と言われ、優勝ということがわかった。
 これでシーズン4勝目でシリーズチャンピオンが決定しました!まあ、何より最後にA036で走りきってのベストタイムが良かった。
 今回は前半が速く後半が遅いという中間タイムだったが、テクニカルセクションを無駄なく前へ進めるドライビングが必要だと再認識しました。中間タイムは勉強になりますね。
 次は最終戦、車を壊さんように走ります。

synphony.jpg


F塾長映像はこちら

F塾長
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/69-b3ba005b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。