TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年5月16日 近畿ダートラジュニア第3戦AGSC参戦記 シビック

 前回の第2戦はシャフト破損リタイヤで残念でしたが、車のセッティングの方は良い感触が掴めてとりあえず良かったです。あとはドライバーの習熟のみという所まで漕ぎ着けました。
その後、連休中にはコスモスや今庄での練習会に参加させて頂きました。どちらも一流ドライバーによる講習ありで非常に有意義な練習会だったので、短期間に効率良くスキルアップ出来たと思って喜んでいます。
 そんな中で迎えた第3戦AGSCダートラは優勝出来るかも知れないという期待を抱きつつも、変に期待だけを膨らませると今までの経験ではろくな結果にならないので、優勝するぞという意気込みを忘れないように臨みました。

 コースはハイスピードな感じのレイアウトで1箇所だけ初めて走るブラインドの薄いコーナーがありました。慣熟歩行でしっかりチェックして置いたのでそのコーナーも含め全体的に1本目から結構いい感じに走れた気がしました。タイムは第1ヒートのクラストップタイムをマーク。シビックに乗り換えて初の一番時計で嬉しかった。F塾長からは「おいしい思うたらアカン」とのアドバイスを貰いましたが、それは中々難しいことです。

 第2ヒートはコース状況をしっかり把握するためいつも以上に他のクラスの走りをじっくり観察しました所、散水が結構多かったのでこれは気をつけねば、と思いながらパドックに戻って出走準備に取り掛かりました。ギャラリー前コーナーはイン側が乾いてた様に見えたので絶対にインを通ろうと思っていたら、いざ走ってみると意識し過ぎて速度を抑えすぎてタイムロス。おまけにラインが想定と狂ってしまい、続くS字コーナーの侵入ラインがきびしいことになってまたタイムロス。その他でも全体的に散水を気にし過ぎており、コーナーを抜けてからあーもっと攻めれたなぁ~という所が何箇所かありました。走り終わってから無理かな~と思いながらアナウンスを聞くとトップタイムとのこと。正直、「おいしい」と思ってしまいました。でもそれはラストゼッケンの選手が走り終わった瞬間に脆くも崩れ去りました。結果は0.16秒届かずSJ1クラス11台中2位という結果でした。

今まで以上に強く優勝を意識して臨んだ試合だったからこそ、負けた直後のくやしさも相当なものが有りました。しかしながら思い返して見ると、何と言うべきか妙な充実感があります。今後も常にこんな充実感のある喜びやら悔しさを味わえる様に、いつも優勝を意識して全力でダートラに参加しなければと思う今日この頃です。


 報告者:M5
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/85-6c0408f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。