TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.6.13 近畿地区ジュニアシリーズ第4戦

雨!雨!なんで前の日まで晴れてたのに雨やねん!と思わず言いたくなってしまう天気。
ウェット路面は滑ってつまらないから嫌いである。特にハチロクでは、ウェット路面のときは勝負を捨てていたためウェットタイヤを試合会場に持っていったことがなく(所有はしていた)使い方もよく覚えとらん。ミラのときはお気に入りだったけど、ずいぶん昔で覚えてない。
おまけに荷物の後片付けもめんどくさいし、雨でテンションがあがらないままのトライである。

今回のコースはどこかでみたことあるっていうかいつものシンフォニーのコース。
直線長いから立ち上がり勝負か。

1本目
今回もチャンピョン→ジュニア。僕のゼッケンはラス前の107だ。朝は降っていなかったが、1トライ目を開始したあたりからシトシトと降り始める。しかし、とても乾いた路面はシトシト雨ではへこたれずにすごい砂埃。チャンピョンとジュニアの間の散水が決定された。で、散水が入った頃にシトシトからザーに変わる。これにより、ウェットタイヤを選択することに決定。
で、第2戦の反省より、進入を抑え気味にして初期アンダーを排除する作戦で走ったら、進入はよかったけど、立ち上がりでドリフト大会をしてしまった。
タイムは伸びずに1'40.442。トップとは3秒差の7位。だめだこりゃ。

完熟歩行。どうもA031というタイヤは横向けると前に進まない。反省点として早めにカウンターをあてて車をまっすぐ立ち上げることにして、タイムアップを狙う。目標35秒台。

2本目
雨脚はいつのまにかザーザーに。路面はマディでスリッパリーな状況に。ジュニアはほとんどタイムアップせず。それでも望みをかけてスタートしてみれば・・・1コーナーからずるずる。杉Gコーナーから高速S字もずるずる。ラインをキープするだけで精一杯。奥のコーナーはブレーキかけた瞬間曲がることは不可能でることを悟り、土手にフレンチキスを覚悟するも、なんと右フロントの軌跡上にでかい石が落ちている!吸い込まれるように石にヒット!その瞬間、タイムアップ不可能、気になるダメージ、これ以上被害を広げたくないというネガティブイメージが頭をよぎりリタイヤを決意。そしてリタイヤ。他人様の車を借りてるから不要なリスクは早めにつぶすに限る。

今回の総括は、今後雨が降らないように祈ること。以上!

tada
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/87-f3f3aa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。