TEAM FINALIST OFFICIAL WEBLOG

京都を拠点に活動する総合レジャークラブチームファイナリストのブログです。主な活動はラリー、ダートトライアルを中心とした国内B級ライセンスによる趣味のモータースポーツ活動ですが、その他いろいろやります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.9.5 近畿地区ジュニアシリーズ第6戦[ランサー6]

9月になってなお盛んな太平洋高気圧。台風もこない。大阪では夕立もめったに降らない。完璧なドライ路面で迎えた今回、シリーズを考えたらどうしてもとりたい金。舞台はそろっているぞ・・・といいたいところだが、あまりの暑さのためみんなぐったり。

1本目
路面は砂利入整備をしていないようで1本目からパンパンの路面。今回はジュニアがチャンピョンのあとなので、SJ2は一番最後でゼッケンは101である。つまり完熟歩行してから走るまでの待ち時間が長い。そしてとても暑いのでなにもせずにじっとイメージトレーニングを・・・寝てしまう。ってなことを繰り返しながら、それでも豊富なダートラ経験を生かし、出走前には精神的準備もOKの状態に持っていった。
スタート。いつものごとく失敗。まあ、あまり気にせずギャラリー前の島周りに進入。ちょっと突っ込みすぎでアウトに行くのを恐れてアクセルコントロール。その後も押さえすぎたり、立ち上がりでアクセルコントロールしすぎたりで無難な走りであがってしまった。1'34.369。4位。しかしトップと4秒も離されてしまった。

完熟歩行。やはり、1本目は過去3戦のウェット感覚を修正しきれなかった。2本目の路面はシーズン中に1戦あるかないかというくらいのスーパードライ。こういった路面はあまりハンドルを切らずに舗装のように走るのが吉!である。6秒アップの28秒台を目標に設定して目指せ金!と心の中では誓ったが、出走までは暑くてじっとテントの下に引きこもり。

2本目
スタート前。前走者のS選手がどこかでクラッシュした模様。次は我が身とならないように気を引き締めてスタート。
1コーナーの右直角が失敗。2コーナーの島進入もちと突っ込みすぎた。ここからそれを取り戻そうと気合入れまくりで走る。けど、ギャラリーの立ち上がりでホコリに視界をさえぎられたときはちょっと待つことも忘れずにクリア。スタート直後の島周り以外ミスもなく、2回目の奥のコーナーをいままでにない速度のノリでクリア。っと立ち上がったあとのアウト側にS選手の車がはまっているではないか。杉G手前の右も4速チョンブレでかなりのスピードだ。杉Gコーナーに向けてブレーキを開始!間に合わん!あきらめて(土手が切れているので)まっすぐ行くこと
に。というわけでエンスト+バックギアで沈没してしまった。
過去に似たようなことをしていたな・・・と思い返してみれば2008年のやはりフリートダートラで同じことをやっていた。
こちら
まあ、当時は使い慣れたハチロクなので、杉Gコーナーは進入したが、立ち上がりでこらえきれなくなってと結果は違うが。
2010年も2008年と同じでいつもよりスピードが出ていたのに、いつもと同じ場所でブレーキを踏み始めたのが原因だ・・・。

結果としては1本目のタイムで順位が決まって6位。次の今庄はサファリ主催で、いつも好成績を残している相性のいいところだが、仕事の都合でいけなくなってしまった。このままではシリーズ3位も危うい状況になって、今回の失敗は(前向きな失敗ではあるが)悔やまれる結果となった。
コスモスパーク(ドライ)+ランサーの組み合わせもだいぶ慣れてきたので、最終戦ではシリーズをかけた熱い戦いを”ドライ”でやりたいなと思う。

tada
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamfinalistblog.blog98.fc2.com/tb.php/97-de71378a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。